ブログトップ

仏師 金丸悦朗の挑戦

kanamaru.exblog.jp

追求し続けた いのち・エネルギーの表現

<   2016年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧





 


《 第 二百 十六 尊者 》




e0354596_20245259.jpg



e0354596_20254687.jpg
e0354596_20253825.jpg



e0354596_20255963.jpg
e0354596_20260945.jpg



e0354596_20262252.jpg


材は 楠( くすのき ) ・・

大きさ・・・この 第 二百 十六 尊者 の 大きさは

総高  剣擬きの上まで  9 . 8 c m  
頭頂まで  7 . 8 c m 、
   岩台座 の 幅  8 . 2 c m 、 奥行  7 . 0 c m 、
頭の 長さ   2 . 4 c m 、

剣擬き棒の長さ  6 . 9 c m

オイルステンで 少し色付け


e0354596_20263077.jpg




この 羅漢さん 、

剣に見立てた 木の枝を 持って 構えています 。e0354596_20301009.jpg










e0354596_20302530.jpg









e0354596_20303393.jpg



羅漢さんが 持っている 剣擬き 木の枝には 本物の 枝が 使われています 。

上方から 撮ってみました 。
e0354596_20340536.jpg




下方から 撮ってみました 。
e0354596_20381434.jpg


この 羅漢さん 、


どうも お不動さんを 意識しているみたいです 。

( 仏師が そういう羅漢さんを 作りたかった ということですが ・ ・ 。 )


羅漢さんを 撮っている所の 傍らに 仏師が 高く評価している 不動明王が 在ります 。
e0354596_20410873.jpg

光背を 外して ” 剣 ” に 注目してみました 。
e0354596_20412585.jpg



この 羅漢さん 、 剣擬きを 持って 、

満足できる ” 不動心 ” を 持てたのでしょうか ・ ・ 。
e0354596_20441374.jpg




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-30 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)




《 金丸悦朗も愛した 野の花たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

** 銀木犀 の 花 ( ぎんもくせい の はな ) ** 


( モクセイ 科 )



” 金木犀 ” ですら 目でより 鼻で先に気が付くと言われるモクセイ、

我が家にあるのは 目立たない ” 銀木犀 ” ですから、

満開近くになってのその香りに 開花していることを 気付かされます。

仏師手作りの 門の 右側に 植えてあります 。
e0354596_10594549.jpg


5 m くらいある木の てっぺんまで 花が見られます。

e0354596_11022844.jpg



可愛い花ですね。
e0354596_11200647.jpg
e0354596_17483009.jpg
e0354596_09494133.jpg
e0354596_17493239.jpg
e0354596_09502072.jpg


枝の先から見た花です。

e0354596_11031000.jpg
e0354596_11034800.jpg


目立たないけれど 香しさを表している 銀木犀に 心惹かれます。






[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-29 18:00 | 野の花 | Comments(0)



《 第 二百 十五 尊者





e0354596_11543043.jpg


e0354596_11545820.jpg
e0354596_11544514.jpg



e0354596_11564499.jpg
e0354596_11563152.jpg



e0354596_11581525.jpg
e0354596_11580350.jpg



e0354596_11573389.jpg
e0354596_11574756.jpg


e0354596_11593485.jpg

材は 楠(くすのき)・・

大きさ・・この 第 二百 十五 尊者 の 大きさは 

  総高     頭頂まで   1 2 . 0 c m 、
          岩台座の幅   6 . 7 c m 、  奥行   8 . 0 c m 、
            頭の長さ   2 . 3 c m

巨大蝸牛 首の長さ 4 c m 、 首下から 尻尾まで 7 . 4 c m
 
オイルステンで 少し色付け


e0354596_12021967.jpg




この羅漢さん、

巨大カタツムリに乗って 楽しんでいるようです。

メルヘンの世界ですね。

楽しそうな顔を ご覧ください。
e0354596_12030154.jpg









e0354596_12025360.jpg







e0354596_12030771.jpg



巨大蝸牛の 頭部と 首です。

e0354596_12113800.jpg


前から 撮ってみました。 面白い顔をしていますね。

e0354596_12120315.jpg


羅漢さんの 楽しい気持ちを表している 手と 立てた親指です。
e0354596_12124631.jpg



上方から撮ってみました。
e0354596_12131014.jpg











e0354596_12130362.jpg














こちら、 下方から撮ってみました。
e0354596_12143416.jpg



カタツムリに 乗って 恐ろしい ” 虚無 ” から 逃げようとしている 小さい紳士 ・ ・ ・

ファンタジー映画 《 ネバーエンディングストーリー 》 を

思い出された方も いらっしゃるのでは ないでしょうか 。

『 はてしない物語 』 の 作者 ミヒャエル・エンデは

「 原作者とは言われたくない 」と 映画の内容を 認めなかったと 聞いていますが 、

『 はてしない物語 』 も 読み 、《 ネバーエンディングストーリー 》 も 見た 仏師の心に

「 羅漢さんを カタツムリに乗せてみたい ・・ 」 という

メルヘンチックな 想いが 起こったことは 確かなようです 。






[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-28 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)




《 金丸悦朗も愛した 野の花たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

** 小紫 の 実 ( こむらさき の み ) ** 


( クマツヅラ 科 )



これは 6月 12日に 紹介させていただいた 小紫の花です。
e0354596_21192237.jpg


今は 彼岸花の近くで 可愛い実が 沢山 見られます。
e0354596_21215124.jpg
向こうに 見える黄色い花は 黄花( きばな )コスモス ( キク 科 )。


黄花コスモスは 小紫の近くにも 沢山咲いていて、2mの高さに伸びたのもあります。
e0354596_19161745.jpg
向こうに見える青は 西洋朝顔 ヘブンリーブルーの花で、

今も 桜の木の枝の上で 毎日 100 個近く 咲いてくれています。
e0354596_19222015.jpg
黄花コスモスも 上に・横にと 広がり、

小紫の 薄紫の実と 華やかさを演出しています。
e0354596_19282340.jpg


e0354596_19300124.jpg


小紫の実の中に 黄花コスモスの立派なタネも見られます。
e0354596_21302780.jpg


小紫の実に 集中します。
e0354596_21344238.jpg
e0354596_21355535.jpg


もう少し経つと ジョウビタキが渡って来ます。

そのジョウビタキや メジロなど 小鳥にとっては

3~4 mm の 小さい実は 口の大きさに適しているようで、

柿の実が少なくなるころから 目に見えて 実の数が 少なくなっていきます。

e0354596_21364275.jpg


美味しそうですね。

2~3 粒 いただいて、食べてみました。

少し甘味のある ピラカンサの実と 違って、

味も 匂いも 甘さも 殆ど 無く、

ただ、色が 美味しそうに見えるだけのように 思われました。








[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-27 18:00 | 野の花 | Comments(0)




《 第 二百 十四 尊者 》





e0354596_11383468.jpg


e0354596_11385125.jpg
e0354596_11384359.jpg



e0354596_11390494.jpg
e0354596_11391974.jpg


e0354596_11400272.jpg


材は 楠(くすのき)・・

大きさ・・この 第 二百 十四 尊者 の 大きさは 

総高   頭頂まで  8 . 5 c m 、
        岩座の幅   7 . 0 c m 、 奥行   7 . 7 c m 、
      頭の長さ  2 . 1 c m

オイルステンで少し色付け

e0354596_11402220.jpg




この羅漢さん、

膝を抱えて 何か 考えているようです。
e0354596_11451918.jpg










e0354596_11452891.jpg




e0354596_11453790.jpg




上方から撮ってみました。
e0354596_11464963.jpg



下方から撮ってみました。

e0354596_11470146.jpg




こちら 落ち込んでいるような 第二百六尊者 です。

e0354596_23205519.jpg



こちらの 第二百十四尊者は ちょっと違っているようです。
e0354596_11521010.jpg




沈思黙考 というところでしょうか・・。

それとも、

眠っているのでしょうか・・。












[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-26 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)




《 金丸悦朗も愛した 野の花たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

** 彼岸花 ( ひがんばな ) ** 再び


( ヒガンバナ 科 )



これは 9月 15日に 紹介させていただいた 彼岸花です。
e0354596_17032658.jpg
その 彼岸花は 既に 終わりを迎えていますが 、

周りでは 今が盛り というところです。
e0354596_17020808.jpg
e0354596_17113590.jpg

崖地を ぐるっと 廻ってみました。
e0354596_17130091.jpg
e0354596_17142749.jpg
後ろに お茶の花が 見えます。



山小屋工房への道です。
e0354596_17173966.jpg
峠の 秋色紫陽花の 前で咲いている彼岸花です。
e0354596_17182384.jpg


隣りの お社の近くの 彼岸花群落です。


下から見上げて・・
e0354596_17234750.jpg



e0354596_17273789.jpg



彼岸って どんな所でしょうね・・。







[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-25 18:12 | 野の花 | Comments(0)




《 第 二百 十三 尊者 》






e0354596_11251827.jpg



e0354596_11252512.jpg
e0354596_11253722.jpg



e0354596_11255280.jpg
e0354596_11260307.jpg



e0354596_11261596.jpg


材は 楠( くすのき )・・

大きさ・・・この 第 二百 十三 尊者 の 大きさは

総高  頭頂まで  7 . 6 c m
    岩座の幅  8 . 0 c m   奥行  7 . 1 c m
   頭の長さ  2 . 4 c m

  オイルステンで少し色付け


e0354596_11263382.jpg





この羅漢さん、

合掌しながら 誰か( 何か )に 応じているのでしょうか?

e0354596_11312584.jpg



ぴっちりとは 合わせていない合掌です。

e0354596_11304334.jpg
e0354596_11305976.jpg



上方から撮ってみました。
e0354596_11324493.jpg




下方から撮ってみました。
e0354596_11325449.jpg





野鳥の 囀りに 心を 動かされた のでしょうか 。


合掌した手に 気持ちが 全然 入ってないようです 。

でも 、この 羅漢さんの 表情が とっても いいですね 。


念じようとしている時に 誰か( 何か)に 心が 動かされたのでしょうか・・?

それとも 、

誰か( 何か )の 訪れが 嬉しくて 、思わず 合掌してしまったのでしょうか・・?



この羅漢さんの 明るい表情に こちらの表情も 明るくなります 。







[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-24 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)




《 第 二百 十二 尊者 》




e0354596_23371768.jpg



e0354596_23372781.jpg
e0354596_23373685.jpg



e0354596_23380484.jpg
e0354596_23381507.jpg



e0354596_23383025.jpg
e0354596_23384092.jpg



e0354596_23391110.jpg


材は 楠( くすのき ) ・・

大きさ・・・この 第 二百 十二 尊者 の 大きさは


総高  頭頂まで  7 . 6 c m 、
  岩台座 の 幅  7 . 8 c m 、 奥行  6 . 9 c m 、
(出ている右手を含めると 奥行は 9 . 4 c m )
頭の 長さ   2 . 4 c m

オイルステンで 少し色付け




この 羅漢さん、


踊っているような・・、見えを切っているような・・、


上からの 撮影 → 下からの 撮影 と 視点を 移してみます 。

上方から ・・
e0354596_23393828.jpg

⇩ やや 上方から ・・
e0354596_23395080.jpg

⇩ 普通の位置で ・・
e0354596_23402089.jpg

⇩ 下方から
e0354596_23401007.jpg




e0354596_00002958.jpg









e0354596_00002035.jpg












この羅漢さん、


やっぱり 踊っているのでしょうか ?









[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-22 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)



《 第 二百 十一 尊者





e0354596_22254806.jpg


e0354596_22260661.jpg
e0354596_22255530.jpg



e0354596_22262348.jpg
e0354596_22264448.jpg



e0354596_22265280.jpg


材は 楠( くすのき )・・



大きさ・・この 第 二百 十一 尊者 の 大きさは 


  総高     頭頂まで   8 . 0 c m 、
        岩台座の幅  7 . 9 c m 、  奥行   6 . 9 c m 、
         頭の長さ   2 . 4 c m 、
 
オイルステンで 少し色付け


e0354596_22330236.jpg


この羅漢さん、

風を感じているように 見受けられます。
e0354596_22334913.jpg










e0354596_22334168.jpg





e0354596_22340186.jpg




上方から撮ってみました。
e0354596_22361549.jpg



こちら、 下方から撮ってみました。
e0354596_22365864.jpg





ここで 思い出すのが

2月 12 日に 掲載しました 第 百 二 の 羅漢さんです 。
e0354596_00465836.jpg

こちらの羅漢さんは 

仏師が 高村光雲の 《 老猿 》 を 意識して 作ったものであり 、

緊張感を感じますが、

どちらの 羅漢さんにも ” 風 ” を 感じます。


e0354596_22385045.jpg




こちらの羅漢さんには

風とともに、豊かさや 幸せ感をも 感じます。






[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-20 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)





《 第 二百 十 尊者 》





e0354596_19515620.jpg


e0354596_19514274.jpg
e0354596_19513598.jpg


材は 楠(くすのき)・・

大きさ・・この 第 二百 十 尊者 の大きさは 

総高  杖の上まで  16 . 2 c m    
      頭頂まで  13 . 5 c m 、
        岩座の幅   7 . 8 cm 、 奥行   7 . 3cm、
      頭の長さ  2 . 4 c m

杖の長さ  14 . 7 c m

オイルステンで少し色付け


e0354596_19520579.jpg
この 羅漢さん 、

懐手 ( ふところで ) を して 宙を 見つめている ようです 。




e0354596_19565563.jpg
e0354596_19570501.jpg
e0354596_19571674.jpg


表情を 見てみますと ・・
e0354596_19591607.jpg









e0354596_19590973.jpg





e0354596_19592860.jpg




右手を 懐手して お腹に当てて 、じっくりと 構えているように 見えます。

e0354596_20002426.jpg





下方から撮ってみました。
e0354596_21001814.jpg




e0354596_21003194.jpg



仏師は この羅漢さんを

仏師の好きな 自作の カルラ像 『 断崖に立つ 』 を イメージして 作ったと 思われます 。

迦楼羅は 片足で 立ち 、片手を 懐の中から 出して 顎に 当てています 。


楠材 像高 5 4 c m (『遺作集』に 掲載 )

e0354596_20475242.jpg



宇宙を 翔け巡ってきた( あるいは これから 翔け巡ろうと している )カルラが

断崖の上に 立ち 、

宇宙 ・ 地球 ・ 生命を 感じ ・ 想い ・ 考えている 姿 です。


仏師は この 第 二百 十 羅漢さんに カルラの 姿を 重ねていたのでしょう。

そのように 考えますと

羅漢さんの 上目使いの目は 宇宙とか 命とかを 考えている 目のように 思われてきます 。

e0354596_20541020.jpg










[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-09-18 16:53 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)