ブログトップ

仏師 金丸悦朗の挑戦

kanamaru.exblog.jp

追求し続けた いのち・エネルギーの表現

カテゴリ:野の花( 508 )









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**   柏葉紫陽花 ( かしわばあじさい ) 開花  **

( ユキノシタ 科 )




他の 紫陽花たちとは 種類が 違うのではないか ・・ とさえ 思ってしまう 柏葉紫陽花です 。

花序の 形が 房状であるところ と 、

葉っぱに 艶や 硬さがなく しかも 形が 柏の 葉っぱに 似ていることろなどが

他の 紫陽花たちと 違っているところですが 、

早くも それらしい花序 ( かじょ ・ 花の集まり ) を 見せています 。
e0354596_19560223.jpg
e0354596_19561504.jpg
e0354596_19562490.jpg

上から 撮ってみますと ・・
e0354596_19563987.jpg

e0354596_19564688.jpg
e0354596_19565361.jpg



花 と言っても アジサイの 花びらに 見えるのは 萼 ( がく ) ですから

この カシワバアジサイは 八重の 萼を 持っているということに なります 。
e0354596_19580816.jpg


1 3 年前に 裏庭に 植えた 苗は 大きくなり 、 

5 年間くらいは大きな房の花を 咲かせてくれましたが 、

近くの 梅の木が 大きくなって その陰に 入るようになってからは 咲かなくなり 、

5 年前に 今の 日当たりの良い所に 株分けして 移植しました 。

それでも 移植後も 2つの 花を 見せてくれただけでしたし 、

昨年は 皆無でした 。

そのような 経歴を持つ 柏葉紫陽花 

今年は 過去最高の 1 3 本の 花序を 見せてくれています 。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




**  白→赤 額紫陽花 ( がくあじさい ) 開花 **


( ユキノシタ 科 )



いつもは 一番に 咲き始める 白から赤に変色する 額紫陽花も

柏葉紫陽花に 少し遅れて 咲き始めました 。

e0354596_17221394.jpg
e0354596_17222245.jpg
e0354596_17223041.jpg



e0354596_17230632.jpg

中の 粒々は 本物の 花の つぼみです 。

本物の 花が 開くのは まだ 先に なりそうですね 。





[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-23 18:00 | 野の花 | Comments(2)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**   外の 梔子 ( くちなし ) 開花  **

( アカネ 科 )


機械置き場の クチナシは 今月の 初旬から 咲いていましたが 、
e0354596_17062533.jpg

今は そろそろ 終りつつあります 。
e0354596_17100035.jpg


一方 外の クチナシは いよいよ 開花の 時季を 迎えています 。


居間前の 雪柳たちの中に 小鳥が種まきをしてくれた クチナシが ありますが 、

他の 何十本というクチナシに 先駆けて 開花しました 。

e0354596_17184025.jpg
e0354596_17184867.jpg
e0354596_17185557.jpg

ミカン類の 花の 匂いに 代って 

これから 夕方になると

クチナシの 匂いが 漂ってくることになります 。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




**  どくだみ 見頃 **


( ドクダミ 科 )




e0354596_17242564.jpg

e0354596_17243604.jpg










e0354596_17244406.jpg
e0354596_17260278.jpg














中央部の 本物の花に  5 mm くらいの 小さな バッタが 止まっていました !
e0354596_17245205.jpg





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





今朝のことですが 、 たくさんの ドクダミの 白い花 ( ? ) と

柳花笠 ( やなぎはながさ ・ クマツヅラ科 ) の 紫の花 の 中で

石の おじぞうさん が 落ち着いた 雰囲気を かもし出して いました 。

e0354596_17355919.jpg




( 後ろの 黄緑色は 朝日が 当たった 木々です )
e0354596_17360715.jpg

e0354596_17361687.jpg




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-22 18:00 | 野の花 | Comments(1)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  ヒペリカム 2 種の 実   **

( オトギリソウ 科 )


ヒペリカムの 実が 色付いてきました 。
e0354596_00572492.jpg
e0354596_00573554.jpg
e0354596_00574243.jpg

e0354596_00581801.jpg

この 赤い実の ヒペリカムは わが家では 後輩でして 、


先輩は 緑色 ( 後に こげ茶色に ) の実を付ける ヒペリカムです 。
e0354596_00584152.jpg
e0354596_00590669.jpg
e0354596_00592348.jpg

e0354596_00594962.jpg

( 私は どちらかと言えば こちらの 緑実の ヒペリカムの方が 好きですが ・・ 。 )





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




** 薊 の 綿毛 ( あざみ の わたげ ) **


( キク 科 )



定位置で 毎年 咲いてくれる アザミ 、 今 一番 元気 に 咲き誇っています 。
e0354596_13221099.jpg
e0354596_13221727.jpg


e0354596_13255023.jpg

← つぼみも まだ 沢山 !


こちら 全開の 花 ! ↓
e0354596_13255978.jpg
e0354596_13260774.jpg


タネを 育んでいる 中年アザミ 。 →


↓ 既に タネを 飛ばせている 初めての 綿毛 。
e0354596_13261566.jpg

4 / 3 0 に 今年 初めて 咲いた 花 です !
e0354596_13430921.jpg



e0354596_13532506.jpg




その 初花が 2 0 日 かけて 綿毛に なりました !!
e0354596_13262393.jpg




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




白花たんぽぽ は 終わりましたが 、

西洋タンポポ ( キク 科 ) は まだ 花を 咲かせています 。
e0354596_01025177.jpg

アリが 動き回っていました 。






[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-21 18:02 | 野の花 | Comments(0)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  アメリカ風露 ( ふうろ ) 実 と 種  **

( フウロソウ 科 )




4 / 1 8 撮影の アメリカフウロの 花 です 。
e0354596_13141219.jpg

今や 葉っぱや 萼 ( がく ) を 赤く 変化させながら タネを 育み 、タネを 飛ばせています 。

e0354596_13170612.jpg
e0354596_13172298.jpg
e0354596_13173487.jpg



アメリカフウロの 実と 実の 飛ばし方が とても ユニークです 。

e0354596_13224227.jpg
e0354596_13225041.jpg


e0354596_13232256.jpg




バネで 弾くようにして 実を 飛ばすのですが 、

飛ばし方が 分かるように 実を 撮ってみました 。
e0354596_13273757.jpg










e0354596_13272982.jpg
















タネを 取り出して みました 。
e0354596_13274380.jpg
実は 2 . 5 m m 、 タネは 1 . 5 m m くらいです 。


葉っぱの 形や 紅葉 ・ 花 ・ 実 ・ タネ ・ 種の 飛ばし方

全部が 全部 日本在来種の 植物とは 違っているように 思います 。




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-19 17:53 | 野の花 | Comments(0)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  ドクダミ その後  **

( ドクダミ 科 )



もう少しで わが家は " ドクダミ 屋敷 " に なります 。

e0354596_16231309.jpg
e0354596_16232178.jpg
中央部の シベだけの 本物の 花も 殆ど 咲いています 。
e0354596_16261868.jpg






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  ドクダミ茶 作り **




つぼみの時に作った方が いいのですが 、

邪魔になる所に 咲き始めた ドクダミを 捨てるのも もったいなく 、

今年 2 度目の ドクダミ茶作りに 着手しました 。
e0354596_11255691.jpg
e0354596_11261101.jpg
e0354596_11313934.jpg

e0354596_11263857.jpg



きれいに 洗ったドクダミたちは 陰干しをして じっくり 乾燥させます 。
e0354596_11265097.jpg


こちら ( ↓ ) 5 / 1 に 干し始めた 1 回目の ドクダミです 。
e0354596_11271606.jpg
後 半月くらい 干すつもりですが 、

最近は 蒸し暑い日が 続いていますから 上手くいくかどうか 少し 心配です 。




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-18 16:43 | 野の花 | Comments(0)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**   虫取り撫子 ( むしとりなでしこ ) 開花 **

( ナデシコ 科 )



わが家には 【 わが家の 絶滅危惧植物 】 が 沢山ありますが 、

この ムシトリナデシコも その 一つです 。

今年は かろうじて 1 本の 虫取り撫子が 芽生えてくれました 。

3 日前に 一つの花が 咲いたのですが 、

2 日間 留守にしている間に

いくつもの花が 開いていました 。

e0354596_20254654.jpg

e0354596_20260475.jpg
花序 ( かじょ ・ 花の集まり ) の 直ぐ下に

2 c m くらいの 変色した部分が ありますが 、
e0354596_20261971.jpg


その部分が 少し べたついています 。 粘液が 出ているのだそうですが 、

私は まだ 虫が 付いているところを 見たことが ありません 。

大切な 花や タネが 食べられないように ・・ということなのでしょうが 、


どんな 虫が どのように くっ付いてしまうのか 見てみたいです 。



e0354596_20265955.jpg


e0354596_20264819.jpg






花は とても 綺麗です 。





















。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



** 蓮華草 ( れんげそう ) の 実 と 種 **


( マメ 科 )



e0354596_14541303.jpg


4 / 1 0 の わが家の 蓮華畑 です 。

e0354596_14542143.jpg



その レンゲソウたちの 殆どは 実を 熟させています 。
e0354596_14514834.jpg

未熟実も ありますが 、
e0354596_14515879.jpg
殆どが 完熟実に なっています 。
e0354596_14520877.jpg


一つの 立派な 実です 。 2 本の 莢 ( さや ) が 真ん中で くっ付いています 。
e0354596_14522531.jpg

片方の サヤを 分解してみました 。
e0354596_14523256.jpg
1 m m くらいの 小さい タネが 6 個 入っていました 。

そら豆 そっくりの タネです 。




多分 これが 今年 最後の 蓮華草です 。
e0354596_14521780.jpg





[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-17 15:13 | 野の花 | Comments(0)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**   オルラヤ or オルレア 開花 **

( セリ 科 )



昨年 春に 突然 わが家に 生えてきた オルラヤ ( オルレア ) 喜んで見てましたが 、

e0354596_13404713.jpg


やがて タネも 出来たので 鉢に 蒔いておきました 。

秋に 2 本の 芽生えがあり 、冬の 寒さにも 耐えて 春に 伸び始めました 。



そして 5 / 4 に 発蕾 !

e0354596_13454943.jpg



5 / 5

e0354596_13461061.jpg




広がってきました 。  5 / 8

e0354596_13470281.jpg



5 / 9

e0354596_13472076.jpg




5 / 1 1

e0354596_14002789.jpg





そして 今朝 ほぼ 開花していました !
e0354596_13481758.jpg

e0354596_13483071.jpg

e0354596_13485857.jpg


ところが 、やけに 貧弱な オルラヤ ・・

花も 昨年よりも 貧弱ですが 、

それよりも 葉っぱが 殆ど 無いので 貧弱なのです !

こんな 食べ方をする虫って あれしかいない ・・ と 根元を 掘ってみましたら 、

いました !!  夜盗虫 ( よとうむし or やとうむし ) です 。

e0354596_13554910.jpg



ごめんね ・・ 潰させてもらいました 。







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  雨中 ヒペリカム  **


( オトギリソウ 科 )


昼前に 雨が 振り始め 

ヒペリカムの 葉っぱ上の 水滴と 花たちの 両方が 素敵だったので 撮っちゃいました ・・

e0354596_14044499.jpg

e0354596_14045637.jpg

e0354596_14050300.jpg

実が 赤く 色付き始めています 。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



白ばら 多少 茶色い部分が 出てきましたが 、まだ バラらしく 頑張っています 。


e0354596_14113278.jpg







[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-13 18:03 | 野の花 | Comments(2)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  待宵草 ( まつよいぐさ ) 開花 **

( アカバナ 科 )


ドクダミの 花の 隣りに わが家では 初花の マツヨイグサです 。 小さいです 。

夕方になると 開いてきます 。
e0354596_12220333.jpg

e0354596_12231224.jpg
e0354596_12232033.jpg

近くには つぼみを付けた 大きめの 株が いくつか あるので これから ひんぱんに 見られます 。

e0354596_12235357.jpg



同じ仲間の 赤花夕化粧 ( あかばなゆうげしょう )

別の 場所で 咲き誇っています 。

e0354596_12285945.jpg





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



** 山法師 ( やまほうし )  開花 **


( ミズキ 科 )



今や 全ての つぼみが 開いています 。
e0354596_12321659.jpg

e0354596_12322534.jpg

e0354596_12323232.jpg




中心部に あるのが ヤマホウシの 本物の 花です 。 1~2 m m の 小ささです 。

e0354596_12343696.jpg



もう 実に なりつつあるものも 見られます 。

e0354596_12342888.jpg





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



1 ヶ月前に 伸び過ぎた 芥子菜 ( からしな ・ アブラナ科 ) の 花を 全部採って

花の付いていない枝をつめて 小さい株にしておきましたが 、

それから また 新しい枝を 出し 、今 また 咲き誇っています 。

e0354596_12455917.jpg

e0354596_12460683.jpg

e0354596_12461226.jpg




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



それでは 大根花畑は ? と 見に行きましたら 、

早くから 咲いていた 蕪 ( かぶ ・ アブラナ科 ) の 花も

そこで咲いていた 芥子菜の 花も 全て 終わっていましたが 、

大根 ( だいこん ・ アブラナ科 ) の 花は まだ 健在 !!

白い花も 紫がかった花も 咲き誇っています 。
e0354596_12564306.jpg

e0354596_12571340.jpg

e0354596_12574330.jpg


実も どっさり 出来つつあります 。

e0354596_12590855.jpg




このままに しておきますから 晩秋には また 沢山の 芽生えが 見られる筈です 。










[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-11 18:01 | 野の花 | Comments(0)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  早咲き 梔子 ( くちなし ) 開花 **

( アカネ 科 )



今 普通の クチナシたちは つぼみを 付け始めたところですが 、

e0354596_16420912.jpg



機械置き場に 外から 枝を 侵入させたまま 大きくなっている クチナシは


温室の中に 居るようなものですから 

他の 普通の クチナシに 先駆けて 咲き始めています 。

e0354596_16495681.jpg
e0354596_16502641.jpg
e0354596_16503562.jpg


e0354596_16472732.jpg

← 機械置き場の 透明な屋根と

梁 ( はり ) の 間にある 隙間から 入り込んで

成長を 続けている クチナシの 枝です 。

ひめひおうぎ水仙の 細長い葉っぱも

入って来ています 。






今 機械置き場内は クチナシの 香しい匂いで 満たされています 。

 この木には つぼみから 咲き終わりそうな花まで 沢山付いています 。

順に 見てみますと ・・・

e0354596_17100404.jpg
e0354596_17102085.jpg
間もなく 開きそうな つぼみです 。
e0354596_17102999.jpg
既に 開き始めています 。
e0354596_17104158.jpg
開いたばかりの 花です 。
e0354596_17105572.jpg
開き切った 花です 。
e0354596_17113427.jpg
前日に 咲いていた 花です 。
e0354596_17114759.jpg


夜に 蛾の 飛来を 期待して

夕方に 開き 、強い香りを放つ 梔子の 花たちです 。
e0354596_17115832.jpg





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




今日の 虫食い 白ばら です 。

それなりに バラ らしくなりました 。

e0354596_17160482.jpg




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-09 17:45 | 野の花 | Comments(0)









◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  藍 ( あい ) 開花 **

( タデ 科 )


2 ~ 3 m m の 可愛い花が 咲き始めています 。

e0354596_16305256.jpg

e0354596_16310419.jpg
e0354596_16312751.jpg



アイは 一年草ですから こぼれたタネから 芽生えてきます 。

" 染料の藍 " に なるものですから 農作物の扱いを 受けたりしますが 、

わが家の 藍は 野の花として 生きています 。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



** ペリシカリア 開花 **  

( タデ 科 )



一方 、同じ タデ科の ペリシカリア 、

純粋の 園芸植物で 、 三女から 切り花として もらったものなのですが 、

花瓶に 挿しておいたら 水中で 発根したので 、

それを 鉢に植えたら 大きくなったというもので 、

冬枯れはしても 宿根草ですから 春になると 芽を 出します 。

なかなか 生命力の 強い 植物です 。

花は アイと同じくらいの ちっちゃなものですが 、色は 白です 。
e0354596_17004573.jpg
e0354596_17005258.jpg
e0354596_17010082.jpg




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




** 蕺 or 毒痛み or 十薬 ( どくだみ ) 開花 **


( ドクダミ 科 )



梅雨に 合うのは 紫陽花 ( あじさい ・ ユキノシタ科 ) が 一番かも しれませんが 、

ドクダミの 花も 梅雨に 合う 花だと 私は 思っています 。

何十年も 優遇してきたものですから

この 時季 わが家は " どくだみ屋敷 " に なってしまいます 。

その ドクダミ 今日 開花しました !

これから 咲こうとしている ドクダミたちです 。
e0354596_17281244.jpg
e0354596_17282111.jpg
e0354596_17282787.jpg
e0354596_17283440.jpg


昼ころから 雨が 降り始めたのですが 、

3 時ころ 行ってみますと 雨に 濡れながら かなり 咲いていました !

e0354596_17314918.jpg
e0354596_17320776.jpg
e0354596_17321475.jpg

e0354596_17332404.jpg



白いのは 花びらではなく 、 " 総苞片 ( そうほうへん ) " という カバーのようなもので 、

中央部の 黄色い棒状のものが 本物の小さい花の 集まりですが 、

この ( ↓ ) ドクダミの 花序 ( かじょ ・ 花の集まり ) には

雄しべと雌しべが飛び出しているのも 見られました 。
e0354596_17333217.jpg
この花には 珍しいことに 総苞片が 5 枚 あります 。

( 5 枚目は 切れ目が 入っている 2 枚 の 苞片の 真ん中にある 小さいものです 。 )




昨日の 奄美に 続いて 今日は 沖縄にも 梅雨入り宣言が ありまして

こちらでも 梅雨近し ・・ という 気分に なってきました 。

ドクダミの 白い花 ( ? ) を 見ながら

今 作成中の ドクダミ茶を 飲んで 梅雨の 鬱陶しさを 乗り切ろうかと 思っています 。

( この辺りの 実際の 梅雨の 時季には ドクダミの 花期は 過ぎてしまっているかもしれませんが ・・ )





[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-05-08 18:05 | 野の花 | Comments(0)