ブログトップ

仏師 金丸悦朗の挑戦

kanamaru.exblog.jp

追求し続けた いのち・エネルギーの表現








◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**   山法師 ( やまほうし ) 発蕾  **

( ミズキ 科 )


花水木 ( はなみずき ・ ミズキ科 )
は 花期を 終えたところです 。  ↓
e0354596_17425269.jpg

e0354596_17430092.jpg
e0354596_17430929.jpg





一方 、山小屋工房の 近くで 生きている ヤマホウシは

総苞が 開いて やっと つぼみが 見えるようになったところです 。

e0354596_23150047.jpg




e0354596_23151720.jpg


総苞は まだ 3 c m くらいの 開きで 、小さいです 。
e0354596_23161831.jpg

e0354596_23163328.jpg

e0354596_23171685.jpg

花水木 同様 中にある 粒々の 小さい蕾が 花開く頃には

総苞も 白くなりますし 大きくもなります 。( 花水木ほどには 大きくなりませんが ・・ )





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



** 蔓梅擬 ( つるうめもどき ) 開花 **

( ニシキギ 科 )


e0354596_23293459.jpg

e0354596_23295092.jpg

e0354596_23300299.jpg



秋には 目立つ 実を つけます 。

e0354596_23335824.jpg





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



** 棕櫚 ( しゅろ ) の 花 **

( ヤシ 科 )

わが家の シュロは 雄株 ( おかぶ ) のようでして

雄花 ( おばな ) だけが 咲くのですが 、

今年は 早くも 花期の 盛りは 過ぎて しまっているようです 。

e0354596_23555514.jpg

e0354596_23563998.jpg
e0354596_23571032.jpg


因みに こちらは 昨年 4 / 2 2 に 撮った 画像です 。

e0354596_23585437.jpg


小さい 一つ一つが 雄しべだけが 入っている 雄花 です 。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



** 草苺 ( くさいちご ) の 実 **

( バラ 科 )

早くも 実が 色付き始めています 。 見つけた花は 一つだけでした 。 ↓

e0354596_00090492.jpg

e0354596_00093490.jpg

e0354596_00100645.jpg



結構 美味しく 食べられます 。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



** 紫蘭 ( しらん ) 開花 **

( ラン 科 )


山小屋工房辺りから 帰ってきますと

玄関前の 花壇に 赤紫の花が 目立っていました 。

e0354596_10065000.jpg

e0354596_10065957.jpg
e0354596_10070631.jpg

e0354596_10071665.jpg




数年前に 知人から 苗をいただいた シラン 、

植えた場所が 良くなかったのか 繁茂することなく 、

毎年 「 今年は 咲いてくれるかな ? 」 と 思いながら 見ていると いったところです 。




[PR]
# by kanamaru-etsurou | 2018-04-25 17:46 | 野の花 | Comments(0)





◎◎ 悦朗作品 、展示場で見られる作品のまとめ 、我が家の植物たち 、

ちゃーさんの様子を ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリ欄で 《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ 》 《 野の花 》 《 猫通信 》を

お選びください。





** 五百羅漢 ( ごひゃくらかん ) 2 5 0 体 再び **

もう一度 皆様にも 見ていただきたく 日々の ブログに

ちゃーさん通信 、植物通信と 並行して 載せていくつもりでいます 。

まとめて ご覧になりたい方は 《 五百羅漢 》 の カテゴリから ご覧ください 。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





《 第 百 五十七 尊者 》





e0354596_22243862.jpg



e0354596_22245673.jpg
e0354596_22244763.jpg



材は・・ 楠 ( くすのき )

大きさ・・この 第 百 五十七 尊者 の 大きさは 
  
総高  頭頂まで  7 . 6 c m 、
    岩台座の幅  7 . 9 c m 、  奥行    7 . 9 c m 、
    頭の長さ    2 . 4 c m
 
( オイルステンで 少し色付け )  


e0354596_22250534.jpg




この羅漢さん

右足の 親指の 爪を 右手で 切っています 。 ( 上から 撮影 )

( 第 百 五十六 尊者 と 同じ クス材を 使っていますから 木目が はっきりしています)
e0354596_22300865.jpg



e0354596_22312296.jpg


何か 考えながら 切っているようです 。
e0354596_22313036.jpg




親指が 若干 上がっています 。
e0354596_22340279.jpg




ここで 、ちょっと 疑問が ・・ 。
e0354596_22343050.jpg




左手が 衣の中で 途中で 消えているのです 。

肘は ちゃんとありますが 、肘から下の 腕を 全部 衣に隠している とは思えません 。

どうも 、左手は 手首と 肘の 間で 切れているように 見えます 。

e0354596_22413201.jpg




そういう見方をすると 、背中が 語っていることが 違ってきますね 。
e0354596_22422357.jpg










e0354596_22414162.jpg















e0354596_22472957.jpg


ひたすら 爪を 切っている のかもしれませんし 、

何か 深いことを 考えながら 爪切りを しているの かもしれません 。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





《 第 百 五十八 尊者 》






e0354596_23275867.jpg




e0354596_23284683.jpg
e0354596_23283398.jpg



材は 楠(くすのき)・・

大きさ・・この 第 百 五十八 尊者 の 大きさは 

総高   頭頂まで 1 1 . 7 c m
    岩座の幅  8 . 0 c m
  棒の先まで  1 3 . 2 c m
    岩座奥行  6 . 8 c m
     頭の長さ  2 . 3 c m

特大孫の手   1 1 . 2 c m   

( オイルステンで 少し色付け )


e0354596_23351929.jpg
この羅漢さん 、存在感が ありますね 。

棒を 持って 何かを しているらしいです 。
e0354596_23412721.jpg










e0354596_23413558.jpg





e0354596_23414250.jpg

e0354596_23435495.jpg
e0354596_23434606.jpg





この羅漢さんが持っている棒を ご覧ください 。

長さを 実感していただくために 手から 外して立ててみました。

e0354596_23323183.jpg



棒の先を ご覧ください 。

e0354596_23324463.jpg



この羅漢さん 、

大きくて 長い ” 孫 の 手 ” を 持って 何を しようとしている のでしょうか ?

e0354596_23275867.jpg




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





《 第 百 五十九 尊者




e0354596_00254456.jpg


e0354596_00262643.jpg
e0354596_00261575.jpg


材は 楠(くすのき )・・

大きさ・・この 第 百 五十九 尊者 の 大きさは 

  総高   頭頂まで   7 . 0 c m 、
       岩台座の幅  8 . 0 c m 、
     左手の巻物まで  9 . 7 c m、
         奥行   7 . 1 c m 、
       頭の長さ  2 . 4 c m 、
    
 巻物の大きさ 3 . 5 c m

(オイルステンで 少し色付け)
 
    
e0354596_00341551.jpg




この羅漢さんの 座っている 岩座が 斜めに なっています 。

体を 斜めに しながらも

この 羅漢さんは 幸せそうな 表情を しています 。


e0354596_00362523.jpg










e0354596_00363344.jpg















後ろ姿にも 幸せ感が 溢れているように 見えます 。
e0354596_00374172.jpg
e0354596_00380513.jpg
e0354596_00400943.jpg



上から 撮って みました 。
e0354596_00402902.jpg



この 羅漢さんの 満足そうな 表情は ・・
e0354596_00405295.jpg




欲しかった巻物を 手に入れた 喜びを 表しているのでしょうか ?

それとも 、

この 2 巻の 巻物の 内容を 理解できた 喜びを 表しているのでしょうか ?




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





《 第 百 六十 尊者 》

 


e0354596_11233977.jpg


e0354596_11291473.jpg
e0354596_11290306.jpg



材は 楠 ( くすのき ) ・・

大きさ ・・ この 第 百 六十 尊者 の 大きさは

総高   頭頂まで  8 . 3 c m 、
岩台座の 幅  8 . 3 c m 、 奥行  7 . 2 c m 、
頭の 長さ  2 . 3 c m

( オイルステンで 少し 色付け )


e0354596_11292206.jpg


この羅漢さん、

頬杖をついて 顔を上げています。

e0354596_11453477.jpg










e0354596_11455148.jpg






e0354596_11460259.jpg


e0354596_11471843.jpg
e0354596_11473087.jpg
e0354596_11474546.jpg




ここで 思い出すのが 第 六十五 尊者です。( 2015 12/1 )

自分の心の内を見ている羅漢さん・・

e0354596_11500861.jpg




加えて、 同時に 紹介させていただいた ” 子邪鬼 ・ こじゃき ( 卯 ・ う ) ” です 。
e0354596_11510925.jpg





この 第 百六十 尊者の 頬杖スタイルは

どちらかといえば 

月のウサギを見上げる子邪鬼の方に近いかな・・と思います。


何を見、 何を感じているのでしょう?


e0354596_11481054.jpg





[PR]
# by kanamaru-etsurou | 2018-04-25 06:36 | 五百羅漢 ( 2 5 0 体 ) 再び | Comments(0)








◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**   マーガレット 周辺   **

( キク 科 )



入り口から 展示場への 道は 今は マーガレットで 導かれています 。


 ◎ ブロック塀 辺り ◎

柳 花 笠 ( やなぎはながさ ・ クマツヅラ科 ) も だいぶ 咲き始めています 。
e0354596_18430621.jpg

e0354596_18431562.jpg

e0354596_18432300.jpg



◎ 入口 辺り ◎

e0354596_18561439.jpg
柏の 木の 下
e0354596_18564619.jpg

銀木犀の 木の 下
e0354596_18570307.jpg



◎ 門を くぐって ◎

e0354596_19010595.jpg
e0354596_19011373.jpg

e0354596_19012021.jpg


キク科の 花 ( 頭状花序 ・ とうじょうかじょ ) は

花びらと 呼ばれる 舌状花 ( ぜつじょうか ) と

中の 粒々に 見える 筒状花 ( とうじょうか ・ 管状花とも言う ) から 出来ていて

たんぽぽなどは 舌状花だけ 、

母子草や ぼろ菊などは 筒状花だけで 出来ていますが 、

野菊や 小菊 ひまわりや この マーガレットなどは 

舌状花と 筒状花の 両方の 花から 出来ています 。

そのことを 踏まえながら マーガレットの 開花の 様子を 見てみます 。

e0354596_23300960.jpg
e0354596_23302534.jpg
e0354596_23311049.jpg
e0354596_23314041.jpg
e0354596_23320188.jpg
e0354596_23320918.jpg



◎ 階 段 前 ◎


狐 の 牡丹 ( きつねのぼたん ・ キンポウゲ科 )
が 一緒に 咲いています 。

e0354596_00424728.jpg

e0354596_00425550.jpg
e0354596_00430388.jpg





[PR]
# by kanamaru-etsurou | 2018-04-24 17:56 | 野の花 | Comments(0)







◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめ 、我が家の植物たちを ご覧になりたい方は 

右側カテゴリ欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ 》 《 野の花 ⦆を

お選びください。


尚 明日は 『 五百羅漢 ( 2 5 0 体 ) 再び 』 を 掲載いたします 。



《  猫 通信 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  ちゃーさん 9 8 ~ 1 0 0 日目  ** ( 3日前 ~ 昨日 )


ちゃーさん 、ねこじゃすりに 少しだけですが うっとり感を 示すようにも なりましたし 、
e0354596_23444798.jpg

e0354596_23450121.jpg
e0354596_23454501.jpg


ブラッシングも させてくれるようになり 、

← この程度の 抜け毛を

ゲットできるようになりました 。







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


電話機の上の カゴへの 移動にも 変化が 見られました 。

その 上で くつろぐように なったのです 。
e0354596_23530577.jpg



e0354596_23542263.jpg
e0354596_23550901.jpg
e0354596_23551567.jpg

e0354596_23554710.jpg
e0354596_23553809.jpg

e0354596_23565306.jpg
e0354596_23570073.jpg


しばらく むくっとした 可愛い仕草を 見せていましたが 、動き始めました 。
e0354596_23574939.jpg



e0354596_23580506.jpg



e0354596_00005690.jpg
e0354596_00011633.jpg
e0354596_00025302.jpg



e0354596_00024027.jpg
e0354596_00035220.jpg



また ハート形のようなものが 見られました 。

e0354596_00041862.jpg





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



翌朝 いつもの 箱ベットに ちゃーさんの 姿が 見えないので 、

e0354596_00110772.jpg



「 もしかしたら ・・ 」 と 思って

懐中時計で 小部屋の タンスの 上方の 箱ベットを 照らしてみましたら ・・

居ました !!

e0354596_00113975.jpg

e0354596_00112762.jpg
箱ベットのこと 思い出したのですね 。




ちゃーさん 、起きてきたら 久しぶりに 小部屋の 床に ゴロン でした 。

e0354596_00153109.jpg





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



午後 ちゃーさんが 居間の ガラス戸の 近くで 何かを じっと 見つめて ( ? ) いました。

e0354596_00183168.jpg



クマンバチが 2 枚の 古い ガラス戸に はさまれて 出られず 、ブンブン 羽を動かしていたのです 。

e0354596_00324504.jpg

そこで 、ちゃーさんを にわか仕立ての 檻に入れてから
e0354596_00325512.jpg

ガラス戸 2 枚の 間に 固めの 細長い 紙を 差し入れて 

クマンバチを 救出し 、ガラス戸を開けて 外に出しました 。



ちゃーさん 、そもそも ブンブン ・バタバタしていたのが

クマンバチだという 認識は 無く 、

ただ 音と 振動を 感じていただけなのに 、 

いきなり 狭い所に 閉じ込められてしまった訳ですから

頭の中は 「 ??????・・・ 」 状態だったと 思います 。






[PR]
# by kanamaru-etsurou | 2018-04-24 06:47 | 猫 通信 | Comments(2)








◎◎ 五百羅漢や 悦朗作品 また 展示場で見られる作品のまとめを ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》《 展示場の作品紹介まとめ を 》 を

お選びください。

また 、ちゃーさんの 生活を ご覧になりたい方は 《 猫通信 》 を どうぞ 。




《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  槍水仙 ( やりすいせん ) or イキシア 開花  **

( アヤメ 科 )



入り口の 柏の木の下で ひっそりと 咲き始めていました 。
e0354596_18221191.jpg

e0354596_18221812.jpg


e0354596_18222546.jpg








e0354596_18223347.jpg




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


** 白詰草 ( しろつめくさ ) or クローバー 開花 **

( マメ 科 )




e0354596_18282438.jpg



( アメリカフウロ も 写ってます )
e0354596_18283803.jpg

e0354596_18284699.jpg


開いた花は 確かに 豆の 花ですね 。 




[PR]
# by kanamaru-etsurou | 2018-04-23 18:37 | 野の花 | Comments(0)