ブログトップ

仏師 金丸悦朗の挑戦

kanamaru.exblog.jp

追求し続けた いのち・エネルギーの表現

タグ:金丸悦朗 ( 117 ) タグの人気記事


◎ 《 野の花 》 ブログは 頻繁に 更新しております 。

《 野の花 》 の カテゴリ からは 植物だけ ご覧になれます 。



◎ ちゃーさんの 生活が 気になる方は 《 猫通信 》 の カテゴリを どうぞ 。


◎◎ 五百羅漢 、を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






** ミニ展示場で 見られる 作品たち まとめ **    



2 0 1 7 年 9 月 6 日に 掲載いたしたものですが 、

皆さまに 植物よりも 仏師の作品を 頻繁に 見ていただきたいものですから

再掲載 させていただきます。


合わせて 【 金丸作品と共に ・・】 と 【 五百羅漢 】の カテゴリを 選択なさって

最初から 再び ご覧くださること お勧めいたします 。

特に 羅漢さん 2 5 0 体を 最初から 何度となく 見ていただきますと

毎回 何らかの 発見が あるかもしれません 。


趣味で 作仏をなさっている方々が

ミニ展示場や 山小屋工房を 訪れになって

作仏の 参考になさるということが 時々ありますが 、

ご自分では 彫られない方も

金丸作品の持つ 元気と 癒しを 求めて お出かけなられますよう

ご案内申し上げます 。

庭の 自然も お待ちしています 。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【 不動明王 】


e0354596_16271880.jpg


《 不動明王 ( ふどうみょうおう ) 》


平成 元年 ( 1989 ) 作 クス材

総高 1 0 0 cm 、 像高 4 2 cm 、

作品集 ( P 4 9 ) ・ 遺作集 ( P 4 ・ P 5 ) に 掲載

非売品

ブログ 掲載 ・・ ( 2017 ) 1 / 3 ~ 1 / 13






e0354596_16532762.jpg

《 岩座 ( いわざ ) 不動明王 ( ふどうみょうおう ) 》


平成 1 5 年 ( 2003 ) 頃作  クス材

総高 9 3 cm 、 像高 3 4 cm 、

作品集 ・ 遺作集には 掲載無し

価格 ・・ 1 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 1 / 1 5 ・ 1 / 1 7






e0354596_20431352.jpg

《 不動明王立像 ( ふどうみょうおうりゅうぞう ) 》


平成 1 8 年 ( 2006 ) 作 像は クス材 、台座は 流木

総高 5 4 cm 、 像高 2 4 cm 、

作品集 ・ 遺作集には 掲載無し

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 1 / 1 9 ・ 1 / 2 1






e0354596_14011965.jpg

《 くつろぎ 不動 》


平成 1 9 年 ( 2007 ) 作 クス材

総高 8 1 cm 、 像高 4 4 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 6 8 )

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 18






e0354596_14425166.jpg

《 燭心不動 ( しょくしんふどう ) 》


平成 2 0 年 ( 2008 ) 年作 像は クス材 台座は 流木

総高 5 8 cm 、 像高 2 4 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 7 8 )

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 2 2





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

《 制 吒 迦 ( せいたか ) 》

e0354596_18490106.jpg

平成 1 3 年 ( 2001 ) 作  クス材


総高 1 2 3 cm 、 像高 9 0 cm 、


作品集 ( P 1 7 ) ・ 遺作集 ( P 4 8 ) に 掲載


価格 ・・ 2 0 0 万円

ブログ 掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 2 0




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【 迦楼羅 ( カルラ ) 】


e0354596_15455427.jpg
カルラ 《 風 》


平成 1 5 年 ( 2003 ) 作

像は クス材 、止まり木は 山桃の木と クスノキ

総高  1 4 2 cm 、像高 4 5 cm 、幅 1 0 2 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 5 6 、P 5 7 )

価格 ・・ 1 5 0 万円 ( カルラ 《 風 》 のみ )

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 2 / 25 ・ 2 / 27





カルラ 《 飛ぶ 》

e0354596_16181250.jpg

平成 6 年 ( 1994 ) 作  クス材

総長 1 1 5 cm 、 像長 8 5 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 1 9 )

価格 ・・ 1 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 2 / 1 9




e0354596_18131074.jpg
カルラ 《 舞いおりる 》


平成 2 3 年 ( 2011 ) 作 像は クス材 台は 鉄刀木

総高 1 5 5 cm 、 像長 3 0 cm、

遺作集に 掲載 ( P 9 1 )

価格 ・・ 6 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 3 / 15 ・ 3 / 1 7






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【 風 の 民 ( かぜのたみ ) 】 




e0354596_19333262.jpg
風 の 民 《 弓 ( ゆみ ) 》


平成 1 8 年 ( 2006 ) 作 像は クス材 台座は 流木

総高 9 4 cm 、 像高 3 6 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 6 7 )

価格 ・・ 8 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 5 ・ 7 / 7








e0354596_20010472.jpg
風 の 民 《 ウメガイ 》


平成 1 8 年 ( 2006 ) 作 クス材

総高 8 5 cm 、 像高 4 5 cm 、

遺作集に 似た作品 掲載 ( P 6 6 )

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 3 ・ 7 / 7






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【 如来 ( にょらい ) 】



e0354596_23064140.jpg
《 釈迦如来座像 ( しゃかにょらいざぞう ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作  木曽ひのき材


総高 3 8 cm 、 像高 1 4 cm 、

作品集 ・ 遺作集には 掲載無し

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 2 3






e0354596_13554566.jpg

《 釈迦如来座像 ( しゃかにょらいざぞう ) お姿 》


平成 元年 ( 1989 ) 作  木曽ひのき材

光背 ・ 台座 無し  像高 2 2 cm

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

譲渡済み

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 2 1







e0354596_14093061.jpg

《 阿弥陀如来立像 ( あみだにょらいりゅうぞう ) 》


平成 1 5 年 ( 2003 ) 作  ビャクシン材

総高 3 1 cm 、 像高 1 6 . 5 cm 

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 4






e0354596_14304780.jpg

《 阿弥陀 来迎 ( あみだ らいごう ) 》

平成 2 2 年 ( 2010 ) 作  

像は 木曽ひのき材 、台座は クス材

総高 6 4 cm 、 像高 1 7 cm 、

遺作集に掲載 ( P 8 3 )

価格 ・・ 6 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 6





e0354596_15413073.jpg

仏壇用 《 大日如来 ( だいにちにょらい ) 》


昭和 6 0 年 ( 1985 ) 作   桜 材

総高 3 0 cm 、 像高 1 3 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

譲渡済み

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 8 / 8




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



【 菩薩 ( ぼさつ ) 】



e0354596_14593060.jpg
《 龍 観音 ( りゅう かんのん ) 》


平成 2 1 年 ( 2009 ) 作

観音像は 桧材 、子邪鬼は 楠材 、龍は 流木

総高 1 4 5 cm 、観音像 2 6 cm 、子邪鬼 1 8 cm、

遺作集に 掲載 ( P 8 2 )

価格 ・・ 1 0 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 1 / 2 3 ・ 1 / 2 6





e0354596_15184083.jpg
《 観音菩薩道 ( かんのんぼさつどう ) 》


平成 1 9 年 ( 2007 ) 作

像は 木曽ひのき材 、台座は 流木

総高 5 8 cm 、 像高 3 3 cm 、

似た作品が 遺作集に掲載 ( P 6 5 )

価格 ・・ 4 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 27





e0354596_16025756.jpg

《 おじぞうさん " まいまい " 》


平成 2 1 年 ( 2009 ) 作   クス材

像高 2 4 cm

遺作集に 掲載 ( P 8 9 )

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 2 / 1




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



【 天 部 ( てんぶ ) 】

◎ 「 動物四天王 」


e0354596_17593318.jpg

《 龍 天 ( りゅうてん ) 》


平成 1 3 年 ( 2001 ) 作  クス材

総高 6 3 cm 、像高 4 5 cm 、

作品集 ( P 2 8 ) ・ 遺作集 ( P 4 8 ) に 掲載

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 6 / 1






e0354596_18190311.jpg

《 狼 天 ( ろうてん ) 》


平成 1 3 年 ( 2001 ) 作  クス材

総高 6 3 cm 、 像高 4 5 cm 、

作品集 ( P 3 1 ) ・ 遺作集 ( P 4 7 ) に 掲載

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2007 ) 6 / 3






e0354596_18342885.jpg

《 象 天 ( しょうてん ) 》


平成 1 3 年 ( 2001 ) 作   クス材

総高 6 3 cm 、 像高 4 5 cm 、

作品集に 掲載 ( P 2 9 )

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 6 / 5






e0354596_18460341.jpg

《 鷹 天 ( ようてん ) 》


平成 1 3 年 ( 2001 ) 作   クス材

総高 7 2 cm 、 像高 4 5 cm 、

作品集に 掲載 ( P 3 0 )

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 6 / 7




・・・・・・・・・・・・・・・・・・


e0354596_19041014.jpg
◎ 《 燭心 伐折羅 ( しょくしん ばさら ) 》


平成 2 0 年 ( 2008 ) 作 像は クス材 、台座は 流木

総高 5 5 cm 、 像高 2 6 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 2 4





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


e0354596_19464077.jpg
◎ 《 大黒天 ( だいこくてん ) 》


平成 2 1 年 ( 2009 ) 作   クス材

総高 4 0 cm 、打ち出の小槌から 俵まで 3 0 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 3 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 8 / 6





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0354596_20145095.jpg

◎ 十二神将のうちの 1 体 ・・

《 波夷羅 大将 ( はいら たいしょう ) 》


平成 1 0 年 ( 1998 ) 作   クス材

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し ( 他の 4 大将 掲載 )

価格 ・・ 2 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 2





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ 「 四天王座像 ( してんのうざぞう ) 」

e0354596_22593904.jpg

《 多聞天 ( たもんてん ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作   クス材

総高 4 3 cm 、 像高 3 4 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 8 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 2 4






e0354596_23252117.jpg

《 増長天 ( ぞうちょうてん ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作   クス材

総高 3 6 cm 、 像高 2 3 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 8 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 2 6






e0354596_23391903.jpg

《 持国天 ( じこくてん ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作   クス材

総高 4 4 cm 、 像高 2 7 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 8 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 2 8






e0354596_23545965.jpg

《 広目天 ( こうもくてん ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作    クス材

総高 3 8 cm 、 像高 2 6 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 8 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 3 0




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【 懸 仏 ( かけぼとけ ) 】

供養仏 3 体 と 子邪鬼 4 体の 共通点

平成 1 6 年 ( 2004 ) 作   6 0 cm × 4 5 cm の 布張り板に 取り付け

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し・・・・・・ 価格 ・・ 各 2 0 万円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◎ 「 供養仏 ( くようぶつ ) 」  像は ひのき材

e0354596_09573830.jpg

《 合掌 ( がっしょう ) 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 4






e0354596_10501869.jpg




《 蓮華 ( れんげ ) 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 6





e0354596_11020412.jpg



《 ふ~ 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 1 2




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◎ 懸仏
「 子邪鬼 ( こじゃき ) 」   クスノキ材


e0354596_14112259.jpg




《 風神 ( ふうじん ) の 子 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 3 / 2 5





e0354596_14194049.jpg



《 雷神 ( らいじん ) の 子 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 3 / 2 7






e0354596_14272389.jpg



《 天馬 ( てんま ) 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 3 / 3 1






e0354596_14441586.jpg



《 こ れ 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 2





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




◎ 「 子邪鬼 《 貝 音 ( かいおん ) 》 」


e0354596_15192600.jpg

子邪鬼 貝音 《 チェロ 》


平成 1 9 年 ( 2007 ) 作    クス材

像高 2 0 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 2 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 1 3





e0354596_15194880.jpg

子邪鬼 貝音  《 マラカス 》


平成 1 9 年 ( 2007 ) 作     クス材

像高 2 0 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 2 万円





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0354596_15203999.jpg
《 宙 奏す ( ちゅう そうす ) 》


石膏ボードの 宇宙空間 ・・ 平成 2 1 年

子邪鬼 ・・ 平成 1 9 年

非売品

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 9 / 1







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0354596_16174740.jpg
遺作 《 古 木武 ( こぶし ) 》


平成 2 3 年 ( 2011 ) 作    クス材

総高 7 4 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 9 7 、P 9 8 、P 9 9 )

非売品

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 8 / 1 6 、8 / 1 8






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


尚 五百羅漢 2 5 0 体に つきましては 

今は お譲り出来ません 。

検討しておりますので 、

お譲り出来ることになりましたら

この ブログで ご案内 申し上げます 。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



◎ ** 作品集 ・ 遺作集 の ご案内 **


e0354596_18122691.jpg

『 仏師 金丸悦朗 作品集 』

平成 1 5 年 発刊

5 0 ページ

技術を 極めた 深みのある 仏像と

初期の カルラ像や 子邪鬼などを 掲載

価格 ・・ 1 , 5 0 0 円 

( 送料も ご負担願います。)






e0354596_18124188.jpg

《 仏師 金丸悦朗 遺作集 》

平成 2 4 年 発刊 1 0 0 ページ

作品集に 掲載した作品に 加えて

還暦後 " ものつくり " と して 追求した

オリジナル作品の 数々を 掲載

価格 ・・ 3 , 0 0 0 円

( 送料も ご負担願います。 )


ご送金は 作品集 ・ 遺作集共 同封の 郵便振替用紙を ご利用下さい 。

( 送金 手数料は 当方で 負担いたします 。)



作品集 ・ 遺作集の ご注文だけでなく 、

作品に ついての お問い合わせや ご意見なども

お電話 ( 0 5 4 8 - 2 9 - 0 4 1 0 ) か

こちら への メールで お願いいたします。


作品を ご覧に なりたい方も ご連絡くださいね 。


                金丸 邦子







[PR]
by kanamaru-etsurou | 2018-02-19 06:18 | 展示場の作品紹介まとめ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






** ミニ展示場で 見られる 作品たち まとめ **    



2 0 1 5 年の 7 月 2 3 日から 始めた 【 五百羅漢 】【 金丸作品と 共に 】 の ブログで 、

今まで 寄り道を しながら 悦朗作品を 紹介させていただきましたが 、

今 静岡 坂部の 【 仏師 金丸悦朗 作品 展示場 】 で ご覧いただける作品を

まとめて ご紹介いたします 。

私は 現在 6 8 歳で 仏師の 享年を 既に 越えてしまい 、

今後 何年 心身ともに 動けるか ・・ 心許ない状態にあります 。

私が 動けるうちに 金丸悦朗の 作品たちを

求められる方々や 美術館などに お渡ししなければ ・・ という気持ちに

動かされて 日々 過ごしております 。

今回は お譲りする価格も 表記させていただきますので 、

ご希望の方は ご検討くださいませ 。

尚 、作品の 価格は 殆どが 存命中の 仏師が 決めたものですが 、

それは 製作日数に 作品の完成度 ( 持っている エネルギー量 ) を

加味したものであることを ご了承下さい 。

金丸悦朗の 作品の 良さを 解って下さる方にとっては

高価過ぎるとは おっしゃられないのではないかと 自負しておりますが 、

社会状況なども ありますし 、早めにお譲りしたい気持ちもありますので 、

出来るだけ 勉強させていただきます 。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【 不動明王 】


e0354596_16271880.jpg


《 不動明王 ( ふどうみょうおう ) 》


平成 元年 ( 1989 ) 作 クス材

総高 1 0 0 cm 、 像高 4 2 cm 、

作品集 ( P 4 9 ) ・ 遺作集 ( P 4 ・ P 5 ) に 掲載

非売品

ブログ 掲載 ・・ ( 2017 ) 1 / 3 ~ 1 / 13






e0354596_16532762.jpg

《 岩座 ( いわざ ) 不動明王 ( ふどうみょうおう ) 》


平成 1 5 年 ( 2003 ) 頃作  クス材

総高 9 3 cm 、 像高 3 4 cm 、

作品集 ・ 遺作集には 掲載無し

価格 ・・ 1 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 1 / 1 5 ・ 1 / 1 7






e0354596_20431352.jpg

《 不動明王立像 ( ふどうみょうおうりゅうぞう ) 》


平成 1 8 年 ( 2006 ) 作 像は クス材 、台座は 流木

総高 5 4 cm 、 像高 2 4 cm 、

作品集 ・ 遺作集には 掲載無し

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 1 / 1 9 ・ 1 / 2 1






e0354596_14011965.jpg

《 くつろぎ 毘沙門 》


平成 1 9 年 ( 2007 ) 作 クス材

総高 8 1 cm 、 像高 4 4 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 6 8 )

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 18






e0354596_14425166.jpg

《 燭心不動 ( しょくしんふどう ) 》


平成 2 0 年 ( 2008 ) 年作 像は クス材 台座は 流木

総高 5 8 cm 、 像高 2 4 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 7 8 )

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 2 2





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

《 制 吒 迦 ( せいたか ) 》

e0354596_18490106.jpg

平成 1 3 年 ( 2001 ) 作  クス材


総高 1 2 3 cm 、 像高 9 0 cm 、


作品集 ( P 1 7 ) ・ 遺作集 ( P 4 8 ) に 掲載


価格 ・・ 2 0 0 万円

ブログ 掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 2 0




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【 迦楼羅 ( カルラ ) 】


e0354596_15455427.jpg
カルラ 《 風 》


平成 1 5 年 ( 2003 ) 作

像は クス材 、止まり木は 山桃の木と クスノキ

総高  1 4 2 cm 、像高 4 5 cm 、幅 1 0 2 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 5 6 、P 5 7 )

価格 ・・ 1 5 0 万円 ( カルラ 《 風 》 のみ )

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 2 / 25 ・ 2 / 27





カルラ 《 飛ぶ 》


e0354596_16181250.jpg

平成 6 年 ( 1994 ) 作  クス材

総長 1 1 5 cm 、 像長 8 5 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 1 9 )

価格 ・・ 1 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 2 / 1 9




e0354596_18131074.jpg
カルラ 《 舞いおりる 》


平成 2 3 年 ( 2011 ) 作 像は クス材 台は 鉄刀木

総高 1 5 5 cm 、 像長 3 0 cm、

遺作集に 掲載 ( P 9 1 )

価格 ・・ 6 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 3 / 15 ・ 3 / 1 7






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【 風 の 民 ( かぜのたみ ) 】 




e0354596_19333262.jpg
風 の 民 《 弓 ( ゆみ ) 》


平成 1 8 年 ( 2006 ) 作 像は クス材 台座は 流木

総高 9 4 cm 、 像高 3 6 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 6 7 )

価格 ・・ 8 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 5 ・ 7 / 7








e0354596_20010472.jpg
風 の 民 《 ウメガイ 》


平成 1 8 年 ( 2006 ) 作 クス材

総高 8 5 cm 、 像高 4 5 cm 、

遺作集に 似た作品 掲載 ( P 6 6 )

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 3 ・ 7 / 7






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【 如来 ( にょらい ) 】



e0354596_23064140.jpg
《 釈迦如来座像 ( しゃかにょらいざぞう ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作  木曽ひのき材


総高 3 8 cm 、 像高 1 4 cm 、

作品集 ・ 遺作集には 掲載無し

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 2 3






e0354596_13554566.jpg

《 釈迦如来座像 ( しゃかにょらいざぞう ) お姿 》


平成 元年 ( 1989 ) 作  木曽ひのき材

光背 ・ 台座 無し  像高 2 2 cm

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 4 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 2 1







e0354596_14093061.jpg

《 阿弥陀如来立像 ( あみだにょらいりゅうぞう ) 》


平成 1 5 年 ( 2003 ) 作  ビャクシン材

総高 3 1 cm 、 像高 1 6 . 5 cm 

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 4






e0354596_14304780.jpg

《 阿弥陀 来迎 ( あみだ らいごう ) 》

平成 2 2 年 ( 2010 ) 作  

像は 木曽ひのき材 、台座は クス材

総高 6 4 cm 、 像高 1 7 cm 、

遺作集に掲載 ( P 8 3 )

価格 ・・ 6 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 6





e0354596_15413073.jpg

仏壇用 《 大日如来 ( だいにちにょらい ) 》


昭和 6 0 年 ( 1985 ) 作   桜 材

総高 3 0 cm 、 像高 1 3 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 8 / 8




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



【 菩薩 ( ぼさつ ) 】



e0354596_14593060.jpg
《 龍 観音 ( りゅう かんのん ) 》


平成 2 1 年 ( 2009 ) 作

観音像は 桧材 、子邪鬼は 楠材 、龍は 流木

総高 1 4 5 cm 、観音像 2 6 cm 、子邪鬼 1 8 cm、

遺作集に 掲載 ( P 8 2 )

価格 ・・ 1 0 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 1 / 2 3 ・ 1 / 2 6





e0354596_15184083.jpg
《 観音菩薩道 ( かんのんぼさつどう ) 》


平成 1 9 年 ( 2007 ) 作

像は 木曽ひのき材 、台座は 流木

総高 5 8 cm 、 像高 3 3 cm 、

似た作品が 遺作集に掲載 ( P 6 5 )

価格 ・・ 4 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 27





e0354596_16025756.jpg

《 おじぞうさん " まいまい " 》


平成 2 1 年 ( 2009 ) 作   クス材

像高 2 4 cm

遺作集に 掲載 ( P 8 9 )

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 2 / 1




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



【 天 部 ( てんぶ ) 】

◎ 「 動物四天王 」


e0354596_17593318.jpg

《 龍 天 ( りゅうてん ) 》


平成 1 3 年 ( 2001 ) 作  クス材

総高 6 3 cm 、像高 4 5 cm 、

作品集 ( P 2 8 ) ・ 遺作集 ( P 4 8 ) に 掲載

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 6 / 1






e0354596_18190311.jpg

《 狼 天 ( ろうてん ) 》


平成 1 3 年 ( 2001 ) 作  クス材

総高 6 3 cm 、 像高 4 5 cm 、

作品集 ( P 3 1 ) ・ 遺作集 ( P 4 7 ) に 掲載

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2007 ) 6 / 3






e0354596_18342885.jpg

《 象 天 ( しょうてん ) 》


平成 1 3 年 ( 2001 ) 作   クス材

総高 6 3 cm 、 像高 4 5 cm 、

作品集に 掲載 ( P 2 9 )

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 6 / 5






e0354596_18460341.jpg

《 鷹 天 ( ようてん ) 》


平成 1 3 年 ( 2001 ) 作   クス材

総高 7 2 cm 、 像高 4 5 cm 、

作品集に 掲載 ( P 3 0 )

価格 ・・ 7 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 6 / 7




・・・・・・・・・・・・・・・・・・


e0354596_19041014.jpg
◎ 《 燭心 伐折羅 ( しょくしん ばさら ) 》


平成 2 0 年 ( 2008 ) 作 像は クス材 、台座は 流木

総高 5 5 cm 、 像高 2 6 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 5 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 2 4





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


e0354596_19464077.jpg
◎ 《 大黒天 ( だいこくてん ) 》


平成 2 1 年 ( 2009 ) 作   クス材

総高 4 0 cm 、打ち出の小槌から 俵まで 3 0 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 3 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 8 / 6





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0354596_20145095.jpg

◎ 十二神将のうちの 1 体 ・・

《 波夷羅 大将 ( はいら たいしょう ) 》


平成 1 0 年 ( 1998 ) 作   クス材

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し ( 他の 4 大将 掲載 )

価格 ・・ 2 0 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 2





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ 「 四天王座像 ( してんのうざぞう ) 」

e0354596_22593904.jpg

《 多聞天 ( たもんてん ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作   クス材

総高 4 3 cm 、 像高 3 4 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 8 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 2 4






e0354596_23252117.jpg

《 増長天 ( ぞうちょうてん ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作   クス材

総高 3 6 cm 、 像高 2 3 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 8 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 2 6






e0354596_23391903.jpg

《 持国天 ( じこくてん ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作   クス材

総高 4 4 cm 、 像高 2 7 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 8 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 2 8






e0354596_23545965.jpg

《 広目天 ( こうもくてん ) 》


平成 2 2 年 ( 2010 ) 作    クス材

総高 3 8 cm 、 像高 2 6 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 8 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 5 / 3 0




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【 懸 仏 ( かけぼとけ ) 】

供養仏 3 体 と 子邪鬼 4 体の 共通点

平成 1 6 年 ( 2004 ) 作   6 0 cm × 4 5 cm の 布張り板に 取り付け

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し・・・・・・ 価格 ・・ 各 2 0 万円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◎ 「 供養仏 ( くようぶつ ) 」  像は ひのき材



e0354596_09573830.jpg

《 合掌 ( がっしょう ) 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 4









e0354596_10501869.jpg




《 蓮華 ( れんげ ) 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 6






e0354596_11020412.jpg



《 ふ~ 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 1 2




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◎ 懸仏
「 子邪鬼 ( こじゃき ) 」   クスノキ材


e0354596_14112259.jpg




《 風神 ( ふうじん ) の 子 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 3 / 2 5





e0354596_14194049.jpg



《 雷神 ( らいじん ) の 子 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 3 / 2 7






e0354596_14272389.jpg



《 天馬 ( てんま ) 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 3 / 3 1






e0354596_14441586.jpg



《 こ れ 》


ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 4 / 2





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




◎ 「 子邪鬼 《 貝 音 ( かいおん ) 》 」


e0354596_15192600.jpg

子邪鬼 貝音 《 チェロ 》


平成 1 9 年 ( 2007 ) 作    クス材

像高 2 0 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 2 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 1 3





e0354596_15194880.jpg

子邪鬼 貝音  《 マラカス 》


平成 1 9 年 ( 2007 ) 作     クス材

像高 2 0 cm 、

作品集 ・ 遺作集に 掲載無し

価格 ・・ 1 2 万円

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 7 / 1 3



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0354596_15203999.jpg
《 宙 奏す ( ちゅう そうす ) 》


石膏ボードの 宇宙空間 ・・ 平成 2 1 年

子邪鬼 ・・ 平成 1 9 年

非売品

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 9 / 1







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0354596_16174740.jpg
遺作 《 古 木武 ( こぶし ) 》


平成 2 3 年 ( 2011 ) 作    クス材

総高 7 4 cm 、

遺作集に 掲載 ( P 9 7 、P 9 8 、P 9 9 )

非売品

ブログ掲載 ・・ ( 2017 ) 8 / 1 6 、8 / 1 8






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


尚 五百羅漢 2 5 0 体に つきましては 

今は お譲り出来ません 。

検討しておりますので 、

お譲り出来ることになりましたら

この ブログで ご案内 申し上げます 。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



◎ ** 作品集 ・ 遺作集 の ご案内 **


e0354596_18122691.jpg

『 仏師 金丸悦朗 作品集 』

平成 1 5 年 発行

A4版  5 0 ページ

技術を 極めた 深みのある 仏像と

初期の カルラ像や 子邪鬼などを 掲載

価格 ・・ 1 , 5 0 0 円 

( 送料 3 0 0 円も ご負担願います。)






e0354596_18124188.jpg

《 仏師 金丸悦朗 遺作集 》

平成 2 4 年 発行  A4版  上整本  1 0 0 ページ

作品集に 掲載した作品に 加えて

還暦後 " ものつくり " と して 追求した

オリジナル作品の 数々を 掲載

価格 ・・ 3 , 0 0 0 円

( 送料 3 6 0 円 も ご負担願います。 )


ご送金は 作品集 ・ 遺作集共 

同封の 送金手数料不要の 郵便振替用紙を ご利用下さい 。




作品集 ・ 遺作集の ご注文だけでなく 、

作品に ついての お問い合わせや ご意見なども

お電話 か FAX ( 0 5 4 8 - 2 9 - 0 4 1 0 ) で 、

メールでの 送信は  kmaru@abeam.ocn.ne.jp  宛てに お願いします 。


作品を ご覧に なりたい方も ご連絡くださいね 。


                金丸 邦子







[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-09-06 22:01 | 展示場の作品紹介まとめ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






** 過去の 展示会の DM ( 案内状 ) 集 **    




①  平成 2 年 ( 1 9 9 0 ・ 仏師 4 6 歳 )  於 静岡市 松坂屋

e0354596_15013804.jpg

《 不動明王 》 ( 2017  1 / 3 ~ 1 / 13 の ブログに 掲載 )




② 平成 5 年 ( 1 9 9 3 ・ 4 9 歳 )  於 榛原町 モマンプレザン

e0354596_23473564.jpg
( 前々回 の ブログに 掲載 )




③ 平成 6 年 ( 1 9 9 4 ・ 5 0 歳 )  於 島田市 釣 耕 苑 ( ちょうこうえん )

e0354596_23475484.jpg

↑ 細長いので 画像の 部分のみ 。

( 《 釈迦如来 》 は 2017  6 / 11 、 カルラ 《 飛ぶ 》 は 2017  2 / 19 、

子邪鬼 《 騎馬戦 》 は 前々回の ブログに 掲載 )


↓ 裏側の 案内図です 。 仏師の 字による ご挨拶も 。

e0354596_23482227.jpg





④ 平成 7 年 ( 1 9 9 5 ・ 5 1 歳 ) 於 浜松市 森田画廊

DM が 残っていませんが 、《 飛 天 》 と 首を 替える前の 《 毘沙門天 》 の

合成写真を 使いました 。

《 飛天 》

e0354596_00511544.jpg

 像は ヒノキ材 天衣は 針金を芯にした 和紙 長さ 9 0 cm 、

望月さん撮影 作品集 ・ 遺作集に 掲載


初期の 《 毘沙門天 》
e0354596_01115248.jpg
( 2017  5 / 22 ブログに 掲載 )







⑤ 平成 9 年 ( 1 9 9 7 ・ 5 3 歳 ) 於 静岡市 サールナートホール

e0354596_10402789.jpg


( 《 二王 》 は 2017 6 / 17 ・ 6 / 19 、

《 阿弥陀如来 》 は  5 / 8 の ブログに 掲載 )







⑥ 平成 1 3 年 ( 2 0 0 1 ・ 5 7 歳 ) 於 第 1 回 石雲院 個展 

e0354596_23484436.jpg

《 制吒迦 ( せいたか ) 》  ( 2017  4 / 2 0 の ブログに 掲載 )


↓ 裏側の 地図は 仏師が 描いたものです 。

e0354596_23490892.jpg






⑦ 平成 16 年 ( 2 0 0 4 ・ 6 0 歳 ) 於 石雲院 陶芸家 成田 尚氏と 二人展

e0354596_23500356.jpg

カルラ《 昇天 》  ( 2017  3 / 3 の ブログに 掲載 )





⑧ 平成 18 年 5 月 ( 2016 ・ 6 1 歳 )  於 焼津市 土泥棒

e0354596_23502786.jpg
《 龍 天 ( りゅうてん ) 》 ( 2017  6 / 1 の ブログに 掲載 )





⑨ 平成 18 年 1 0 月 ( 2 0 0 6 ・ 6 2 歳 ) 於 島田市 T A J I M I

e0354596_10404077.jpg

《 毘沙門天 》 ( 2 0 1 7  5 / 2 2 の ブログに 掲載 )




⑩ 平成 1 9 年 ( 2 0 0 7 ・ 6 3 歳 )  於 石雲院 第 3 回 個展

e0354596_23504771.jpg

『 在 』 の 文字は 仏師が 書いたものです 。 ( 2017   4 / 2 6 の ブログに 掲載 )




⑪ 平成 2 0 年 ( 2 0 0 8 ・ 6 4 歳 ) 於 第 4 回 石雲院 個展

e0354596_23511297.jpg

《 弥勒菩薩 》 木曽ひのき材 総高 5 5 cm 、像高 4 1 cm 、望月さん撮影 遺作集に掲載





⑫ 平成 2 1 年 ( 2 0 0 9 ・ 6 5 歳 )  於 第 5 回 石雲院 個展

e0354596_23524358.jpg
カルラ 《 流 刻 時 ・ りゅうこくじ》 ( 2017  3 /11 の ブログに 掲載 )





⑬ 平成 22 年 ( 2 0 1 0 ・ 6 6 歳 )  於 第 6 回 石雲院 個展 ( 最後の 個展 )

e0354596_23541622.jpg
《 観音さま 》 ( 2017  7 / 27 の ブログに 少し 掲載 )





⑭ 平成 2 4 年 ( 2 0 1 2 ・ 没後 1 年 )  於 石雲院 遺作展

e0354596_23545781.jpg
《 古 木武 ( こぶし ) 》 ( 2017  8 /16 ・ 8 / 18 の ブログに 掲載 )






⑮ 平成 2 6 年 ( 2 0 1 4 ・ 没後 3 年 )  於 静岡県立美術館 県民ギャラリー
e0354596_23551446.jpg
《 不動明王 》は 2017  1 / 3 ~ 1 / 13 の 、

《 釈迦如来 》 は 2017   6 / 11 の 、

邪鬼 《 それがどうした 》 は 2017  2 / 11 の 、

おじぞうさん 《 まいまい 》 は 2017  2 / 1 の 、

カルラ 《 その 向こう 》 は 2017  2 / 23 の ブログに 掲載 。




金丸悦朗の 師匠 西村 房蔵 氏は 日展に 会員として 塑像を 出展していたのですが 、

仏像彫刻に 関しては " 職人 " 意識を お持ちで 、

弟子たちの 勧めにも 応じず 、

仏像彫刻の 個展を 開くことは ありませんでした 。


金丸悦朗は 職人としての 仏師 以外の 意識を 持っていまして 、

仏像を 死者のためというより 今 生きている人たちの 力になれるように ・・ と

作っていましたし 、

師匠が 亡くなられて 下請仕事が 無くなりますと

お寺などからの ご注文による 仏像製作と 並行して

個展への 出展作品の製作に 取り組んでいました 。


求めに 応じて 作る 場合も 独自性や 生命観を 深めて 投入していきましたが

個展への 出展作品では 全く個人的な観点からの創造が 可能でしたから

仏師は 嬉々として 製作に取り組んでいました 。

根っからの " ものつくり " の 金丸悦朗 だったと 思います 。




次回は 作品集や 遺作集に 掲載されていない 作品のうち

写真が 残っているものを ご紹介してみます 。




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-08-30 17:49 | 金丸作品と共に・・ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






** 六邪鬼 ( むじゃき )  **    




これは 遺作展での 6 体の 邪鬼たち ( すなわち 六邪鬼 ) です 。

e0354596_17305157.jpg


邪鬼 の 説明は 折に触れて 何度か させて いただきましたが 、( 特に 2017 2 / 11 )

要は 今まで 四天王 ( してんのう ) の 足の 下に 押さえつけられていた 邪鬼を

金丸悦朗が 解放し 、人格を 与えてしまったというもので 、

この 行為から 見れば 仏教界から 「 金丸悦朗が " 仏師 " と 名乗ることは 許さない 。 」 と

言われても 文句は 言えません 。

しかし 、邪鬼の中にも 仏性 ( ぶっしょう ) を 見て それを 尊重したと 言えば 、

それは 常不軽菩薩 ( じょうふぎょうぼさつ ) の 心 にも 通じる訳で 、

一概に 非難されるべきこと とは 言えないと 思います 。



邪鬼の中でも 金丸悦朗の 代表作とされる 《 それがどうした 》 は

平成 6 年の 島田 ・ 釣耕苑 での 個展に 初出展 したものですが 、

邪鬼像は それより 4 年前の 平成 2 年の 初個展 ( 於 ・ 静岡松坂屋 ) に

《 六邪鬼 ( むじゃき ) 》 として 出展していました 。

そのうちの 1 体 が 遺作集に 載っています 。
e0354596_19083595.jpg


クス材 高さ 31 cm 、望月さん撮影 



完成時の 6 体を 取った写真が ありましたので 載せてみます 。

クローバーの庭に 並べて 上から 撮ったものです 。( 不鮮明ですが ・・ )

e0354596_19120665.jpg



これらの像を 彫っている頃 


梅園で 有名な 静岡市 洞慶院 ( とうけいいん ) の 茶店の 名物おばさんと 親しくなり 、

おばさん所有の 藁科 ( わらしな ) 川上流にある 山小屋を 1 ヶ月くらい お借りして

そこに 仏師が 一人で 生活して 六邪鬼を 彫っていたことが あります 。

食料調達のためなどで 仏師が 山小屋を 離れていた時

たまたま おばさんが 様子を 見に来てくださったことが ありまして 、

「 金丸さんが 居ないのに 暗い部屋の中が やけに 賑やかいのよ 。

よく見たら 、囲炉裏の周りに 鬼さんたちが 居るじゃん 。

ああ 、これだ ! って 思ったのよ 。 」 と 後で 言ってくださっていました 。



出来上がった 六邪鬼さんたちを 浜岡砂丘に 連れて行って 遊ばせた時の 写真が ありました 。
e0354596_20150111.jpg
e0354596_20151049.jpg
酔っぱらっている 邪鬼たちです 。

酒好きな 仏師が 本当に 楽しみながら 彫ったのです 。

1 体ずつ 撮った 写真も ありました 。

e0354596_20184297.jpg












e0354596_20190656.jpg
e0354596_20192655.jpg










e0354596_20195363.jpg
e0354596_20194558.jpg
e0354596_20193777.jpg





初めての個展に 出展した 六邪鬼は 注目を 浴びるものに なりましたが 、

六邪鬼の 前で おじさんお二人が

「 ああ 、 " むじゃき " って こう 書くんだね ・・ 」 と

言い合っていたのが 印象に 残っています 。



個展では 六邪鬼たちのうち 一番右上にお見せした写真の 酒飲み邪鬼さんが

「 一緒に 飲みたい ・・ 」 という方の所に行くことが 決まり 、

後の 5 体の 邪鬼さんたちは 個展の後

金丸作品の ファンでいてくださった 若い 静大の先生の お宅に 引き取られました 。

先生には 幼児から 小学生までの お子さんが 5 人 。

古生物学の研究者だった その先生は 当時 まだ 助教授にも なっていませんでしたから

1 体 25万円の 邪鬼像を 5 体 お求めになるのは とても 大変だったと思いますが 、

奥様と 協力なさって " 五邪鬼 " の 代金を 長年かけて 完済してくださいました 。

そのことに 仏師と 私は 感動し 、とても 有り難く思っております 。




今 ミニ展示場には このような 色紙が 飾ってあります 。

e0354596_21341674.jpg


これは その先生の お知り合いの方が " 五邪鬼 " の 写真を 撮って

パソコンで 作成して下さったものだそうです 。

『 空 色 生 滅 』 という 文字を 入れたかったらしいのですが 、

相応しい「 滅 」 の 字が 見つからず やむを得ず それらしい 字 に した とのことでした 。



その 先生 奥様と 共に 5人の お子様たちを 伸び伸びと 愛育なさっていましたが 、

代金を完済してくださった 数年後に

交通事故に遭い 突然 お亡くなりになりました 。


その後 奥様は 気丈に 5人の お子様を お育てになり

今は 数人の お孫さんに 囲まれて 明るく 過ごされていらっしゃいますが 、

いつも ご主人に 見守られている実感を 持って いらっしゃるとのことです 。


五邪鬼さんたちも 奥様や お子様たちを 応援させていただいていることでしょう 。




遺作展では 奥様に お願いして " 五邪鬼さん " を お借りしました 。

そこに 尺八演奏家 縄巻修己さん からも 邪鬼 《 尺八 》 を お借りして

《 六邪鬼 》 として 展示させていただきました 。

遺作集に 載っている 《 尺八 》です 。

e0354596_23022740.jpg


平成 5 年作   クス材

高さ  3 0 cm

望月さん撮影


e0354596_23025639.jpg


尚 、 この 《 六邪鬼 》 も ホームページ の S B S の ニュース 動画で ご覧になれます 。




六邪鬼に 因んで 、次回は 悦朗の 邪鬼像の 流れを 見てみます 。




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-08-22 17:40 | 金丸作品と共に・・ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






** 座頭 渡橋 ( ざとう ときょう )  **    





今まで ミニ展示場にあるものを 中心に 、

また 、展示場には無いものも 関連付けて

写真や エピソードを 紹介させていただきましたが 、

展示場にある この 《 座頭 渡橋 》 を 語らないと

遺作となった 《 古 木武 ( こぶし ) 》 を 語れないものですから

紹介させていただきます 。 


《 五百羅漢 》 の 中の 第 四十六 尊者 の ところで

詳しく 説明をさせていただいたものですから

そちらの 説明を 憶えてらっしゃる方には

重複していると思われるでしょうが 、復習だと思っていただければ幸いです。



仏師金丸悦朗は 白隠禅師を 敬愛していました。

これは(↓)1974年( 昭和 49 年 )の『 太陽 』 No . 134 に 載っている

白隠禅師 の 肖像彫刻 と 書 の 写真です。

e0354596_21033637.jpg


仏師は 白隠禅師の 書画の うち

『 座頭 渡橋 ( ざとうときょう ) 』 が 大好きで、
e0354596_21035500.jpg

その 『 座頭 渡橋 』 の 立体化を 試みていました。



*** ( " 座頭 " とは 時代によって 意味が 違ってきますが 、

白隠が 生きていた 江戸時代には 「 僧形の 盲人で 琵琶 三味線などを 弾いたり

語り物を語ったり 、あんま ・ 鍼 などを 生業とした人 」 の 総称として

使われていたようです 。 ) ***



これは(↓) 粘土でイメージを作り、 " 野焼き " した 習作 です。
e0354596_21041052.jpg

裏側から 見ますと ・・
e0354596_17273624.jpg
 


それぞれを 前からと 後ろから 見てみます 。

e0354596_17304105.jpg







←  一番 左の 座頭です 。


↓ 後ろから 。


e0354596_17305376.jpg

e0354596_17314678.jpg




真ん中の 座頭です 。 →




後ろ姿です 。 ↓



e0354596_17315897.jpg



これは 3 方から 見てみます 。
e0354596_17333363.jpg







← 左側から 。



↓ 前から 。

e0354596_17334652.jpg
e0354596_17335682.jpg







後ろ姿です 。 →










そして いずれ 3 人の 座頭を クス材で 彫って 、

拾ってきた流木を 宇宙に繋がる “ 龍 の 橋 ” として

その上に 乗せるつもりでした。

3 人の 座頭は 白隠が 描いた 像を 発展させて

宇宙の 営みの 『 破壊 ・ 創造 ・ 維持 』 の 3 態 ( 古インド哲学 ) を

シンボル化したものに しようと

イメージを 膨らませて いました 。

( どの 座頭を どの 態に 当てはめようと していたのかは 聞いていませんでしたが ・・ )


e0354596_13004723.jpg


舌がんであることが判明し、入院前に 訪れた 熱海の 来宮 ( きのみや ) 神社で

クスノキ の 巨大な 古木に 会い ( 次回で 説明します ) 、

巨大な古木の イメージで

【 破壊 ・ 創造 ・ 維持 」 という いのちの営みを

表現してみたいという 気持ちが 強まってきまして 、

この 《 座頭 渡橋 》 の 立体化の 試みは 保留ということになり、


結局 そのままの形で残ることになりました 。



次回は 遺作となった 《 古 木武 ( こぶし ) 》 を ご紹介いたします 。




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-08-14 17:12 | 金丸作品と共に・・ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






** 仏壇用 大日如来 ( ぶつだんよう だいにちにょらい )  **    




仏壇用 釈迦如来座像の 右隣りに

黒っぽくて 古びた感じの 仏壇用の 大日如来座像が あります 。
e0354596_21143744.jpg

取り出して 撮ってみました 。
e0354596_21145171.jpg
桜材 総高 約 30 cm 、像高 13 cm


昭和 60 年頃 ( 仏師 40 歳 前後 ) の 作品だったと思いますが 、

その時の仏師は 作品の出来に 満足しておりました 。

当時は まだ 師匠の 下請仕事で 生計を立てていまして 、個展開催の 予定も無かったものですから

理解ある 私の 実家の 両親に この 大日如来像も 買ってもらいました 。

仏壇の 中に 安置され 、線香の煙を浴びていましたから

線香の ヤニが 付いて 少し 黒っぽくなっていますが 、

歴史も 感じられて 、「 これも また 良し 」 というものに なっています 。

約 6 年前 仏師が 旅立ちましたが 、

その後 実家の 仏壇の 中の 仏像を 整理していた 私の姉が

大日如来像は 静岡の 展示場に あった方がいいんじゃないか ・・ と 、

送ってくれまして 、今 ここに あります 。

e0354596_21150785.jpg




e0354596_21151829.jpg
e0354596_21161546.jpg
e0354596_21163949.jpg




e0354596_21163121.jpg
e0354596_21174942.jpg
e0354596_21180830.jpg





e0354596_21182509.jpg


手と 体を 見てみます 。

e0354596_21231101.jpg

智拳印を 結んだ 両手です 。
e0354596_21352921.jpg






e0354596_21355368.jpg


お姿を 外して みました 。

連弁は 貼り付けではなく 、彫り出してあります 。
e0354596_21374844.jpg






e0354596_21381699.jpg


框 ( かまち ) は 八角形ではなく 、円形です 。

外した お姿です 。

e0354596_21395102.jpg




e0354596_21393300.jpg

後ろ姿です 。 存在感が ありますね 。

e0354596_21403411.jpg


最後に 正面像です 。
e0354596_21391146.jpg


何か 、初々しい感じが 漂っていますね 。

古めかしい感じが 存在感を 際立たせているような 気がします 。





次回は 持ち込まれた 変わった材での 依頼作品を ご紹介いたします 。




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-08-08 17:51 | 金丸作品と共に・・ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






** 観音菩薩立像 ( かんのんぼさつりゅうぞう )  **    




山小屋工房にある 像高 64 cm の 観音菩薩立像 の 石膏原型です 。

e0354596_22350193.jpg






e0354596_22351438.jpg
前回でも ご紹介しましたが 、

この 原型を使って 観音菩薩立像を 2 体 作らせていただきましたが

これは そのうちの 1 体で 、望月さんの 撮影です 。
e0354596_21012855.jpg
平成 14 年作 木曽ひのき材 総高 103 cm 、像高 64 cm 、遺作集に掲載



少しずつ 近付いてみます 。
e0354596_21155004.jpg







e0354596_21160391.jpg




e0354596_21202826.jpg






e0354596_21205541.jpg



e0354596_21245856.jpg





e0354596_21251102.jpg



お顔に 近付いて ・・
e0354596_21410761.jpg
e0354596_21305034.jpg



e0354596_21302665.jpg



もう少し 近付いて ・・
e0354596_21415479.jpg

e0354596_21370317.jpg



e0354596_21364494.jpg




e0354596_21423794.jpg



ちょっと 下方からです 。
e0354596_21430185.jpg

気品というものを 感じていただけると 思います 。



次回は また 石膏像に 戻りまして 吉祥天 ( きっしょうてん ) を ご紹介いたします 。






[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-07-31 06:07 | 金丸作品と共に・・ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






**  釈迦遊行 ( しゃかゆぎょう )  **    



一般的な 釈迦如来座像は

菩提樹の下で 悟りを開いた ゴータマ・ブッダの お姿を 表したものと 言われます 。

e0354596_00283060.jpg


悟りを得た ゴータマ・ブッダは

その後 梵天 ( ぼんてん ) に 背中を押されて 決意し 、

教団を作ったり 行脚 ( あんぎゃ ) して 、

世の人々に 悟りの内容を 教え 、人々を救う道に 歩み始めたことになっていますが 、

仏師は 釈迦が 行脚している姿に あこがれ、

《 釈迦 遊行 》と 題して 釈迦の 広い心を 表現しようとしました 。


e0354596_18314523.jpg
平成 18 年作 像の材は 木曽ひのき 台座は 流木 総高 49 cm 像高 30 cm 遺作集に掲載



上の 画像は 望月さんの 撮影によるものですが 、

以前 私が デジカメで 撮ったものが ありましたので 載せてみます 。

e0354596_18330063.jpg
e0354596_18330934.jpg





e0354596_19294888.jpg


五百羅漢の中に このような 手の形をしている 羅漢さんがいて ( 第百八十九尊者 )  

その時にも 説明をさせていただきましたが 、

仏師は 技術に こだわらなくなった頃から

この 手の形をしている仏を 多数 作るようになりました 。



平成 12 年に 光を失いつつあった母のために作ったのを 始めとして

その後 何人かの方に依頼されて作った " 触れる仏 " の 《 たなごころ 》 です。
e0354596_19150513.jpg
材は 白檀 ( びゃくだん ) 後に 山桃材 高さ 6 cm 遺作集に掲載



平成 16 年には 懸仏 ( かけぼとけ ) の 《 たなごころ 》
e0354596_20553371.jpg
( 所有者から お借りして 撮影したものです 。 )



それから 、平成 19 年の 個展 以降 何体か 作らせていただいたのが

この 慈悲仏 ( じひぼとけ ) 《 たなごころ 》 です 。
e0354596_19492294.jpg
木曽ひのき材 高さ 18 cm


丹田 ( たんでん ) の 辺り 

丸くした両手の中に 受け取ったり 、そこから 与えたりする " 大切なもの " ・・


人によって それぞれでしょうが 、

相手の存在を 尊重する 心 でしょうか ・・ 。


仏師にとっては  " 生きるための エネルギー 、すなわち 生きる力 "

だったような 気がします 。


仏師は 自分が作り出す仏が 向かい合う人にとって

生きるためのエネルギーになってくれたらいいな ・・ と 思いながら

彫っていました 。




いろいろ考えてみますと 仏師の 作仏の 原点は

この " たなごころ " の 表現に あったのかもしれません 。






この 《 釈迦遊行 》 の 像は

快く 個展の会場を 提供してくださった 石雲院に 置かせていただいております 。

石雲院には 小さい釈迦如来像として こんなものも 置いてあります 。

e0354596_20261897.jpg
象を 思わせる 流木を 台座に しています 。

お姿は 13 cm くらいだったと 思います





次回は 遊行像 、行脚像の つながりで 、

《 観音菩薩道 》 と 題する 観音像を ご紹介いたします 。




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-07-25 17:53 | 金丸作品と共に・・ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






**  達磨 ( だるま ) 像 **    



山小屋工房には 沢山の 石膏原型が 置かれていますが 、

左側 ・ 右側に 向かい合っているのが

曹洞宗 ( そうとうしゅう ) の 寺院で 大切にされている

大権 ( だいげん ) 像と 達磨 ( だるま ) 像の 石膏原型です 。

e0354596_19511650.jpg


達磨像の 石膏原型です 。
e0354596_20082894.jpg


e0354596_20084805.jpg



e0354596_20084153.jpg



木で彫る前に 石膏を 塗り上げて 補正した跡が 見られます 。

e0354596_20163142.jpg


下方部分です 。 座禅用に 組んだ 両手は 衣の 一部で 覆われています 。
e0354596_20165211.jpg

『 だるまさん 』 で お馴染みの 達磨大師は

9 年間 壁に向かって 座禅をしていた ( " 面禅九年 " ) 禅師で

禅を インドから 中国に 伝えたことで 有名です 。

↓ 白隠禅師筆の 達磨像です 。
e0354596_14273537.jpg
仏師には この達磨像の イメージが あったかもしれません 。




石膏原型を 基にして 作られたのが この ( ↓ ) 達磨像です 。

仏教美術を扱う会社の斡旋で 作らせていただき 、

今は 焼津市の寺院に 安置されています 。

その会社の方が 撮ってくださった写真が 1 枚 ありましたので 、

その写真を 私が 撮ってみました 。

e0354596_20172314.jpg
平成 11 年作 材は 木曽ひのき 総高 70 cm 、像高 42 cm 、遺作集に掲載無し


e0354596_20174716.jpg

e0354596_20180245.jpg




**  大権 ( だいげん ) 像  **

大権修利菩薩 ( だいげんしゅりぼさつ ) は 

航海を守るとされる 中国の阿育王山の 護法神で 、

曹洞宗の 祖 道元が 宋から 帰国する際に

道元を守りながら 一緒に 日本に 渡って来たとされ 、

曹洞宗では 達磨大師と 共に 大切な存在と されているのだそうです 。

航海を見守るということで 手を 額に かざしている像が 一般的なのですが 、

仏師は お腹に 力を入れている 座像として 作り上げました 。





石膏原型です。

e0354596_00323332.jpg



e0354596_00334441.jpg

e0354596_00335526.jpg



e0354596_00354656.jpg


e0354596_00371293.jpg




そして 、こちらが 作品としての 大権像 です 。

e0354596_00401567.jpg
平成 11 年作 材は 木曽ひのき 総高 81 cm 、像高 48 cm 、遺作集に掲載無し


e0354596_00412928.jpg


e0354596_00413816.jpg





因みに 、一般的な " 達磨 ・ 大権 " 大師像です 。


e0354596_14574420.jpg

e0354596_14572139.jpg
















こっちの方が 楽しくて良いと お思いになる方も いらっしゃるかもしれませんね 。




次回は ちょっと大きめな 釈迦如来像を 石膏原型と 望月さん撮影の画像で ご紹介いたします 。




[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-07-17 17:37 | 金丸作品と共に・・ | Comments(0)






◎◎ 五百羅漢を ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸作品と共に・・ 》






望月さん撮影の ** 五百羅漢群像 ( ごひゃくらかんぐんぞう ) **    



仏師が 永眠してから 仏師の 遺志でもあった 『 仏師 金丸悦朗 遺作集 』 刊行に

三人娘と 私で 取り組み始めましたが 、

娘たちは 遠方にいて それぞれ忙しくしていましたから

私が 中心になって 編集し 、それを叩き台にして 郵便で往復させて

4人で 練り上げていきました 。

( 掛川在住の 二女が デザインを学んだこともあり 、一番関わってくれましたが ・・)


カメラマンの 望月さんにも 来ていただいて

掲載予定ながら 未撮影の作品の 撮影を お願いしました 。


その中に " 五百羅漢 群像 " の 撮影も ありました 。

その時 訪ねて来てくれていた友人にも 手伝ってもらって 並べ 、

遺作集 2 ページに 載せる 4 枚 の 画像を 撮っていただきました 。

羅漢さんは 2 5 0 体 ありますが 、約 1 6 0 体が 写っています 。



e0354596_19154210.jpg



e0354596_19152484.jpg



e0354596_19155412.jpg



e0354596_19160735.jpg



この 画像を プリントし 、他の画像と共に 娘たちに 郵送したところ 、

娘たち 3 人共 「 遺作集の 他の 作品との 違和感が 有り過ぎるから

載せない方が良い 。 」 との 応え 。

「 仏師が 生き生きしている羅漢さんを 一体一体 沢山 作った 」 ことを

遺作集で示したかった私ですが 、やむを得ず 取り下げました 。


しかし 、何とか 多くの方に 金丸悦朗の

" 小さいけど 大きいエネルギーを持っている 五百羅漢 2 5 0 体 "を

見知っていただきたいという思いが 募り 、

花屋のブログを 手掛けていた 三女の力を 借りて

この ブログ 『 仏師 金丸悦朗 の 挑戦 』 を 立ち上げた次第です 。



次回は ミニ展示場で 羅漢さんたちが どういう風に 展示されているか ・・

ご紹介いたします 。






[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-07-09 18:00 | 金丸作品と共に・・ | Comments(0)