ブログトップ

仏師 金丸悦朗の挑戦

kanamaru.exblog.jp

追求し続けた いのち・エネルギーの表現

<   2016年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧



《 第 二百 四十六 尊者





e0354596_18095279.jpg



材は 楠(くすのき)・・



大きさ・・この 第 二百 四十六 尊者 の 大きさは 


     総高   地球儀の上まで  10.7 cm 、
            頭頂まで   8. 2 cm 、
          岩台座の幅  7. 8 cm 、
             奥行    6. 8 cm 、
         頭の長さ    2. 5 cm 、
地球儀の径   2.5 cm

オイルステンで 少し色付け

e0354596_18272655.jpg


この羅漢さん、

額に 地球儀を載せて 「 おーっとっととー ! 」と バランスを取っているようです。


e0354596_18360027.jpg


e0354596_18380252.jpg



表情を見てみますと・・
e0354596_18423763.jpg


e0354596_18432397.jpg


e0354596_18460174.jpg


バランスを取ったり、落ちてくる地球儀を受け止めようとしている 両手です。


e0354596_18503584.jpg


「 おっとっと・・」の 地球儀です。 南半球が上になっています。
e0354596_18585146.jpg




地球儀を 外してみますと・・


額に 穴が彫ってあります。
e0354596_19060821.jpg

地球儀、北極を上にして見ていきますと・・

①太平洋と 日本を含む極東地域と オセアニア地域
e0354596_19111833.jpg

② 南北アメリカ大陸です。
e0354596_19115505.jpg

③ ヨーロッパ・中東・アフリカ大陸です。
e0354596_19123247.jpg

④ アジア大陸です。
e0354596_19134188.jpg

何故 仏師は 南極を上にしたのでしょう ?

仏師は 常々「 地図や 地球儀で 北が上になっているのは 最初に考えた人達が

北半球に住んでいたからだろうな・・。」と言ってました。

そんなことが 根っこにあったのだろうと 思われます。



こちら、 下方から撮ってみました。
e0354596_19332045.jpg


羅漢さんが 釈迦のお弟子さんだとすれば、

その時には 地球儀などというものは存在していませんから

こういう場面は あり得ないことですが、

仏師の心の中では、羅漢さんは 時間・空間を超えて 今ここに在るということでしたから、

矛盾は無かったのだろうと 思います。

そう考えると、古い・新しいに拘らず いろんな物が 羅漢さんの身の回りに出てきたことを

肯いていただけるのではないでしょうか。




因みに、仏師には 地球を 手にした子邪鬼の像が あります。

その像をお持ちの方にお願いして 写真を撮っていただき、PCに送っていただきました。
e0354596_22562570.jpg

写真撮影は 11月 24日、折しも 関東地方に 降・積雪がありまして、

その方は 雪の上に 子邪鬼を連れ出して 撮って下さいました。

雪が 雲のように見え、子邪鬼が巨大に感じられ 、

持っているのが 地球儀ではなくて 正に 地球だということを 感じることが出来ます。

( 左上方に 枝・葉が写っているのは 愛嬌ということで・・)



翌日、青空をバックにした画像が PCに届きました。
e0354596_22561373.jpg

これも 大きさを感じられますね。 実際は 19.5 cm 、クス材です。


子邪鬼は 仏師の心の中に生きていた存在ですから、

変幻自在でいい訳で、

地球を 軽々と持ち上げていても 不思議はありませんね。



仏師は 羅漢さんに 地球儀を額に載せてバランスをとらせ、

子邪鬼さんに 地球を軽々と手に載せさせたりしたのですが、

仏師の心の中には かけがえのない地球に対して

多分 同じような 愛や 問いかけが あったのではないか・・と思われます。







[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-29 17:01 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)



《 第 二百 四十五 尊者 》





e0354596_18064865.jpg




e0354596_18072173.jpg




e0354596_18074741.jpg


材は 楠(くすのき)・・


大きさ・・この 第 二百 四十五 尊者 の大きさは 

総高      頭頂まで   8.3 cm 、
          岩座の幅   8.0cm、
            奥行   7.1cm、
          頭の長さ  2.6 cm 、
   土鍋  径 2.6 cm 高さ 3.3 cm

オイルステンで少し色付け




この羅漢さん、

鍋を持ってます。 土鍋のようです。

e0354596_18333283.jpg
e0354596_18340691.jpg


e0354596_18364694.jpg




体から離して持っているところから見ると この鍋は やっぱり熱そうです。
e0354596_19545023.jpg
e0354596_19551327.jpg
e0354596_19554323.jpg


羅漢さんの 表情は・・
e0354596_20005060.jpg
e0354596_20012098.jpg
e0354596_20014238.jpg
e0354596_20022054.jpg
e0354596_20025906.jpg




下方から 撮ってみました。

e0354596_20061035.jpg
e0354596_20062948.jpg


この羅漢さん、嬉しそうです。

体も 心も温かくなるものが この鍋の中に入っているのでしょうね。








[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-27 16:53 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)





 ◎◎ 羅漢だけを ご覧になりたい方は 右側のカテゴリの欄で 《 五百羅漢 》を お選び下さい。



《 金丸悦朗も愛した 野の花たち 》



** クフェア **  


( ミソハギ 科 )


山小屋工房へ行く途中の峠近くに 何十年も前から

花期が長いピンクの可愛い花を咲かす 小さな木のような植物が生えています。

e0354596_19150925.jpg

繁茂するのでもなく、かといって やっと生きているというのでもありません。

花茎が 1cmほどの 可愛くて はかなげな花をつけながら 意外に 生命力が強く、

切り花にして花瓶に挿しておくと 容易に発根しますから

挿し木にして増やせば、かなり増えると思えるほどの植物です。



e0354596_19292746.jpg
e0354596_14464046.jpg
e0354596_14470695.jpg





これも いつから生えているのか 分らないのですが、

下の工房の近くの階段下に 白花クフェアが咲いています。

( クフェアという名前は 数年前 花屋をしている三女( la renoncule ) から 聞きました。)

e0354596_19300453.jpg

e0354596_19304022.jpg

クフェアの枝には 蕾と 花と 花が終わった萼のようなものの他に

不思議なものが付いています。
e0354596_19574707.jpg

そこで、より良く観察するために昨日 一枝を 家に持ち帰り、ルーペで見たリして、

蕾からの 流れを追ってみました。

花の上に立っているのが 蕾です・・
e0354596_20053299.jpg
↓ ここでは 2つの花に注目して下さい。
e0354596_20060935.jpg
  花びらが終わった跡です。 ↓ (前の写真にも 花の前後に 3 個 写っています。)
e0354596_20064607.jpg
↓ 次に 萼のようなものが 開くのです。
e0354596_20071947.jpg

萼が 何のために 開いたのか・・?

そこには 花が咲いた後に出来る筈の実(タネ)が 在る筈・・と思い、

今朝 カメラを持って 見に行きました。



良く見ると、やっぱり、 開いた萼の中に 実のようなものが 付いてました !

しかも、あちこちに。
e0354596_14505710.jpg
e0354596_14494527.jpg

それを確認した結果、

植えた憶えが無いクフェアが 何ヶ所かで咲いていることを 納得できた次第です。

タネを そこに 蒔いてくれたのは 鳥だったのでしょうか・・。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



本日、仏師金丸悦朗の母 ( 悦朗が亡くなった5年前から全盲になり、

毎日 早くお迎えが来てくれることを望み続けていた 101 歳です)が

病院にて 穏やかに 永眠いたしました。

息子が 迎えに来てくれたのでしょうか・・。


薬師草が 今年 何とか頑張って咲いてくれたのは こういうことだったのか・・と

しみじみ 思っています。

e0354596_17402707.jpg


《 野の花 ブログ 》 主に我が家の植物たちを 見つめて 紹介させていただきましたが、

最後の羅漢紹介を前に

このあたりで 一応 終わらせていただきます。

羅漢 250体 紹介終了後も

折に触れて 作品などを紹介させていただくつもりですが、

花たちも 顔を出すかもしれません。

その時は 皆様の 癒しにでもなれば・・と 思っています。

                        金丸 邦子







[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-26 18:00 | 野の花 | Comments(0)



《 第 二百 四十四 尊者 》






e0354596_18080491.jpg





材は 楠(くすのき)・・



大きさ・・・この 第 二百 四十四 尊者 の 大きさは

総高    頭頂まで  7.9 cm
        岩座の幅  7.9 cm
          奥行  6.7 cm
       頭の長さ  2.5 cm
 

  オイルステンで少し色付け


e0354596_18131077.jpg



この羅漢さん、

存在感とか エネルギーとかを 感じられますが、

伸ばした右手が 何を物語っているのか・・解りません。

ぐるっと 見てみます。

e0354596_18165467.jpg


e0354596_18182439.jpg


e0354596_18191964.jpg


e0354596_18200797.jpg



伸ばした右手に 注目してみます。
e0354596_18234422.jpg


e0354596_18225339.jpg
握手を求めるなら 親指は 開くのが普通でしょうね。

肘を こんなに曲げたりしないでしょうし・・。

目の前の相手に対して 感謝とか、詫びとかの気持ちを表しているのでしょうか ?




表情を 見てみますと・・

e0354596_18381663.jpg


e0354596_18385879.jpg

e0354596_18395705.jpg

e0354596_18402503.jpg

e0354596_18411274.jpg



下方から 撮ってみました。
e0354596_18440443.jpg

e0354596_18443614.jpg



この羅漢さん、

「 そこに どうぞ !」 と言ってくれているようでもありますが 、

喜びを表していることは 確かのようです。









[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-25 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)




《 金丸悦朗も愛した 野の花たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 ** 車輪梅( しゃりんばい )**  再び


( バラ 科 )


山小屋工房の近くにあって 4月27日に その花たちを紹介させていただいた 車輪梅が

その後 実を付け、今、熟させようと 実を育んでいます。

4月に撮った 花たちです。
e0354596_19201232.jpg

e0354596_19235463.jpg



11月に入ると、車輪梅の実が 色付き始めました。 ( 11 / 5 )
e0354596_19295360.jpg



一方、一年を通じて 花を咲かせ、実を付け続けている 一株がありまして、

同日 その株では 完熟した実が見られましたし、
e0354596_19540141.jpg


花も 結構 見られました。
e0354596_19350317.jpg




その 12日後( 17日 ) に 見に行きましたら

実は だいぶ 色付いていました。
e0354596_19371065.jpg

この株では 花は見られませんが、もう一方の株では 相変わらず 花が 見られましたし、
e0354596_19390021.jpg


真っ赤な葉っぱも見られました。
e0354596_19392151.jpg



そういえば、バラ科の植物は 綺麗に紅葉するものが多いですね。

桜の紅葉は 撮り損なってしまいましたが、今、雪柳が色付いてきました。
e0354596_13135276.jpg
季節外れの花も ちらほら・・



梅の落葉も 綺麗です。
e0354596_14242723.jpg


昨冬に撮った 苺(2016 2/2 )と 草苺 (2016 2/26 )の 紅葉です。
e0354596_19573463.jpg
e0354596_19565097.jpg


昨日( 11/23 ) 行ってみますと

車輪梅 実 が だいぶ黒ずんできていました。
e0354596_19402211.jpg




完熟まで もう ひと息です。








[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-24 18:00 | 野の花 | Comments(0)



《 第 二百 四十三 尊者





e0354596_12305209.jpg



材は 楠(くすのき)・・



大きさ・・この 第 二百 四十三 尊者 の 大きさは 


     総高   頭頂まで   9. 5 cm 、
         岩台座の幅  7. 9 cm 、
            奥行    6. 7 cm 、
         頭の長さ    2. 5 cm 、
大鼓  長さ 4.0 cm 径 1.4~2.2 cm

オイルステンで 少し色付け
e0354596_13105771.jpg

この羅漢さん、

楽しそうに 大鼓( おおつづみ )を叩いています。

e0354596_13143710.jpg
e0354596_13145697.jpg

e0354596_13154337.jpg

e0354596_13160709.jpg


e0354596_13171469.jpg


大鼓(おおつづみ)のような楽器です。 音を変化させる紐は付いていません。

紐があるものとして 仏師が 紐を彫るのを省略したのか、

羅漢さんが 木を使って大鼓擬きを作って叩いている像を 仏師が表現したかったのか、

どちらかかと思いますが、判りません。




表情を 見てみますと・・
e0354596_16113015.jpg


e0354596_16120862.jpg


e0354596_16124956.jpg

仏師にしては 珍しく、歯を彫り出しています。

しかも その歯は ちょっと出っ歯のようですし 揃っていない歯もあるようです。





こちら、 下方から撮ってみました。
e0354596_13550577.jpg

e0354596_13554940.jpg



仏師には 鼓を叩いてみたいという思いがあったようでしたが、

その思いを 羅漢さんに ぶつけてみたのでしょうか・・。

羅漢さんに 戯れに手作り大鼓を叩かせ、「ヨオーー」などと 掛け声をかけさせて、

仏師本人が 楽しんでいたのかもしれません。








[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-23 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)



《 金丸悦朗も愛した 野の花たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 ** 冬珊瑚( ふゆさんご )**  


( ナス 科 )



山小屋工房の 東側に ちょっとした野菊群落があり、私の ” 癒しの空間 ” になっています。
e0354596_22570592.jpg


e0354596_22572378.jpg




そして、山小屋工房の西側には ナス科の野の花が三種見られます。

その一つが 冬珊瑚。

花と実の時期が長いので、今でも 目につきます。
e0354596_23190637.jpg




花から 完熟に近い実まで 一度に見られる枝もあります。

e0354596_23204306.jpg

e0354596_23211291.jpg
e0354596_23214653.jpg
e0354596_23220681.jpg



別の株には これから・・というように 花が沢山みられましたが・・、
e0354596_23231242.jpg


その花の近くに、

その花によく似た花を咲かせている 犬鬼灯( いぬほおずき ) が生えていました。
e0354596_23251093.jpg


花がそっくりですね。 ぼやけていますが、向こうに緑の実が見えます。

イヌホオズキの花は 前に 鵯上戸(ヒヨドリジョウゴ)の花に似ていると紹介しましたが、

ヒヨドリジョウゴの花よりも フユサンゴの花の方が より似ていると 認識し直しました。



もう一種 花がよく似ている ナス科の植物は ヤマホロシ( 別名 蔓花茄子・つるはななす)です。

思いきって切り詰めるつもりでしたが、花が絶えることが殆ど無く、

切り詰め損ねているうちに、また 沢山の花を咲かせてしまっています。
e0354596_23270401.jpg



ナス科植物は 花や実を付ける時期が長いように思われます。

確かに キュウリとナスを 家庭菜園などで栽培した場合、

キュウリは早めに収穫時期が終わりますが、

ナスは ” 秋茄子 ” と言われて 長く収穫されますね。







[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-22 18:00 | 野の花 | Comments(0)





《 第 二百 四十二 尊者 》






e0354596_18150876.jpg


材は 楠(くすのき)・・


大きさ・・この 第 二百 四十二 尊者 の大きさは 

総高      頭頂まで   7.6 cm 、
          岩座の幅   7.1cm、
            奥行   7.9cm、
          頭の長さ  2.5 cm 、
   上げた両肘間の幅  9.3 cm

オイルステンで少し色付け


e0354596_18172963.jpg


この羅漢さん、

両肘を 水平に上げ、それぞれの拳を 少し違った高さで 前に出しています。
e0354596_18563743.jpg

e0354596_18572445.jpg
e0354596_18575407.jpg
e0354596_18582593.jpg
e0354596_18585705.jpg



羅漢さんの 表情は・・
e0354596_19085117.jpg
e0354596_19092645.jpg



羅漢さんの 表情と手の形が 何を物語っているのかを 探ろうとして

上方から 順に4枚 撮ってみました。
e0354596_19154872.jpg
e0354596_19162451.jpg
e0354596_19170424.jpg
e0354596_19183497.jpg

下方から 撮ってみました。
e0354596_19244221.jpg
e0354596_19251501.jpg


上から 下から 何枚か撮ってみましたが、

表情と 手の形から 羅漢さんの心情を察することが 出来ませんでした。




多くの 羅漢さんの 心情や 仏師の意図を測りかねています。








[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-21 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)



《 金丸悦朗も愛した 野の花たち 》



** 水仙 ( すいせん ) **  


( ヒガンバナ 科 )


山小屋工房の辺りを 見回っている時

「 まさか !? 」という思いで 水仙の花 第Ⅰ号を 見つけました。

e0354596_16485663.jpg

e0354596_19181934.jpg



その一角の 水仙の葉っぱを 改めて見てみましたら

かなりの蕾が 見つかりました。



e0354596_19171122.jpg




千両と 水仙の組み合わせは お正月の花飾りを イメージさせられますが、

わが家の庭には 既に 両者が現れていまして 、

またまた、 時の流れについていけない我が身の老いを 痛感させられています。


e0354596_19371354.jpg
e0354596_19113375.jpg









[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-20 18:00 | 野の花 | Comments(0)



《 第 二百 四十一 尊者 》






e0354596_17500491.jpg



材は 楠(くすのき)・・



大きさ・・・この 第 二百 四十一 尊者 の 大きさは

総高    頭頂まで  9.6 cm
        岩座の幅  7.0 cm
          奥行  7.8 cm
       頭の長さ  2.4 cm
 

  オイルステンで少し色付け


e0354596_17515615.jpg



この羅漢さん、

後ろ手にして 気になる方向に 顔を向けています。

e0354596_18163340.jpg
e0354596_18170258.jpg
e0354596_18173369.jpg


後ろ手にした手に注目してみます。
e0354596_18304538.jpg
e0354596_18301672.jpg


e0354596_18180325.jpg
e0354596_18183374.jpg
e0354596_18190469.jpg



表情を 見てみますと・・

e0354596_18220632.jpg
e0354596_18224734.jpg

e0354596_18250342.jpg





下方から 撮ってみました。
e0354596_18350760.jpg


e0354596_18361854.jpg


この羅漢さん、

自然から 何か 掴むことが出来そうな 気がします。








[PR]
by kanamaru-etsurou | 2016-11-19 18:00 | 五百羅漢〈250体〉 | Comments(0)