ブログトップ

仏師 金丸悦朗の挑戦

kanamaru.exblog.jp

追求し続けた いのち・エネルギーの表現

のうぜんかずら さるすべり 高砂百合の蕾





◎◎五百羅漢や 悦朗作品を ご覧になりたい方は 

右側のカテゴリの欄で《 五百羅漢 》《 金丸作品と共に 》を お選びください。



《 金丸悦朗も愛した わが家の植物たち 》

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



**  凌霄花 ( のうぜんかずら )  ** 


( ノウゼンカズラ 科 )



西隣の 畑の 一角に 華やかに ノウゼンカズラの 花が 以前から 咲いています 。

終わってしまう前に 写真を 撮らせて いただきました 。

e0354596_19270853.jpg




まだ 、これから という 枝 ( つる ? ) が あります 。

e0354596_19274850.jpg
e0354596_19280032.jpg
e0354596_19281056.jpg
e0354596_19282374.jpg


e0354596_19283125.jpg


手前の 花の中に 他の花の 花殻か何かが 入っていました 。





。。。。。。。。。。。。。。。。




**  百日紅 ( さるすべり ) **  


( ミソハギ 科 )




ノウゼンカズラから 少し離れた所に やはり 華やかな サルスベリが 咲いています 。

向こうに 見えるのは お茶の木です 。

e0354596_19515489.jpg


どれが 一つの 花 なのか ・・ 容易に 判りません 。

e0354596_19532919.jpg


女の子が 喜びそうな ひらひらの フリルのような 不思議な 花びら 。

今回 初めて まじまじと 見つめてみました 。


一つの 蕾から 3 個の 蕾が 出てきて 3 個の花を咲かせる ということを 知りました 。


( 全部の蕾が 3 個の花を 咲かすというのではなく 、

一つの蕾から 一つの花を咲かすのも あるようです 。)

e0354596_19565341.jpg
e0354596_19570337.jpg

咲き始めの花たちです 。 ひらひら花弁が 6 個で 一つの花を 形作っています 。

e0354596_20365646.jpg


完全に 開いた 花です 。この花だと ひらひらが 邪魔をして 花の 全貌が 判りませんが 、

e0354596_20383217.jpg


この 終わりかけた花を 見てみますと 、よく 判ります 。

e0354596_20442327.jpg



花弁に 柄のようなものが 付いているのは 理に叶っているのですね 。

萼の所から いきなり ひらひらフリルを出すのは 不可能ですものね 。



ノウゼンカズラのように 一つ一つの花が 個の花として 虫や 鳥の 目を 引こうとするのではなく 、

サルスベリは マスプレイを するかのように

大きな ピンクの 塊を 強調することによって

虫や 鳥の 目を 引こうと しているのかも しれません 。

結果的に 人間の目も 引くことに なりました 。

もしかしたら 、人間が 人間のために 品種改良をして

こんなに ひらひらの 花を 作ったのかもしれませんが ・・ 。

いずれにしても 、面白い 花 です 。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




鬼百合 ( おにゆり ・ ユリ 科 ) の 季節が 終わりに 近付き 、

e0354596_12092846.jpg




高砂百合 ( たかさごゆり ・ ユリ 科 )
の 蕾が 目立つように なりました 。


e0354596_12093709.jpg


e0354596_12140059.jpg





[PR]
by kanamaru-etsurou | 2017-07-30 12:19 | 野の花 | Comments(0)